僕は友達が少ない 7話

7話 携帯電話は着信が少ない_| ̄|〇
学校に登校する羽瀬川兄妹でしたが、あまりの暑さに家の中に戻っていく小鳩。
そういえば夏休みという設定でしたねw
小鳩の格好だとの熱中症になっちゃいそうなのですねw
なので、小鷹はそのまま一人で、隣人部の部室へと向かいます。

いつも通りの放課後あたりの時間帯に部室に訪れた小鷹でしたが、
すでに部員はあらかた揃っており、小鷹に遅いという夜空。
大体その場にいた人間は、昼ぐらいに来たと言ってましたが、よく炎天下の中登校してきましたね。。

いつも通り、昼食を用意する幸村ですが、小鷹は家で食べてきた為、
小鷹の弁当を待っていたマリアに、食事を用意してやってくれと幸村に頼みますが、
この一言がプロテイン地獄という悲劇を呼びます。。
ということで、今回のマリアはここで退場。

部活動(?)に来たり来なかったりと、自由極まりない部員の様子に、出欠を取る提案をする小鷹。
理科の携帯でとればいいという至極まっとうな提案により、アドレス交換することになる隣人部の面々。
携帯を持っていながらも、あまり使ったことがないため、赤外線通信も知らない小鷹と夜空。
普通に赤外線で連絡先を交換している理科と幸村と、それが出来ない小鷹と夜空は、結局手打ちでメアド交換することにw
カルチャーショックを受けている先輩達の様子に、1年しか違わないのにジェネレーションギャップを受け困惑する後輩たちww
この辺から小鷹と夜空のテンションがMAXになって行き、腹筋崩壊って感じでしたww

一人、携帯を所持していない星奈は、強がって携帯なんて必要ないと言ってしまいますが、夜空の標的になり小鷹と携帯で会話しながら連呼され、いつものように泣かされて部室を飛び出して行きます。
いつも通りえげつないイジメですね・・・

携帯がほしい星奈は、深夜に小鷹の家に電話をし、小鷹の携帯の機種を聞きます。
ていうか∀U(ターンエーユー)って・・・
そういえば、何で星奈が小鷹の家電知ってたのかと思ったら、親同士が友達でしたね。
父親から連絡先を聞いたと思われます。

小鷹と同じ機種(しかも同じ色。。)の携帯をゲットした星奈は、さっそく小鷹と赤外線通信(覚えたみたいですねw)で連絡先を交換。
当然面白くない夜空は、星奈からの連絡先の交換を拒否していつも通り泣かした後、小鷹から星奈のメアドを聞いて無限ループメールを送りつけます。
というか、やりすぎですね。。

泣きついてきた星奈をなだめる小鷹の様子を見ていた夜空は、眉をひそめますが、自業自得かと思われますね。

次回 スクール水着は出番がない\(^o^)/

テーマ:僕は友達が少ない - ジャンル:アニメ・コミック

僕は友達が少ない 6話

6話 カラオケボックスは客が少ない(つд⊂)

数年前に突然父親の転勤によりこの町を離れることになった小鷹は、仲のよかった友達にその事を告げようとする。
友達も大事な話があるといい、互いに約束を交わしたが、2日後その場所に友達は現れず、小鷹は別れを告げられぬまま引っ越すことになった。

ということで、6話です。

友達がいないためカラオケにいったことのない隣人部の面々は、一緒カラオケに行くことになります。

トモちゃんときていたと言い張る夜空の先導でカラオケ屋に入ることになりましたが、料金制度を巡ってトラブルを起こした夜空は1人で別の部屋に向かい、その考えに乗った星奈も同じく別の部屋に向かいます。
小鷹は普通に4人で同じ部屋に向かい、2人は焦りますが後の祭りですねw
ていうか、店員がかわいそすぎです。
こんな客の後に小鷹のように普通の対応をしてくれる客が来たら、この店員のように大感謝されるでしょうねw
というか最近、小鷹がいがみ合ってる時の夜空と星奈の扱いに慣れて来たような…

次回 携帯電話は着信が少ない_| ̄|○

テーマ:僕は友達が少ない - ジャンル:アニメ・コミック

僕は友達が少ない 5話

5話 今度はSAGAがガチな戦いヽ(`Д´)ノ

さて、今回もゲーム回でしたw
ゲームの中に入りたいという星奈の痛すぎる発言を聞いた理科は、自分が開発に関わっていたというゲーム、
ロマンシング・佐賀14という色んな所から怒られそうなゲームを出してきます。
ハードもヘッドマウントディスプレイ装備の最新型らしいのですが、
PCエンジンにしか見えないんですけど・・・


色々突っ込みどころのあるオープニングを飛ばし、職業を選択する一同。
小鷹は魔法使いw
理科はガンナー、これはFFX-2の時のユウナですね。
星奈は鍛冶屋ということでしたが、どうやら例のライトノベルを模したエロゲのキャラがお気に入りの様子。
イメージと違うキャラメイクに不満をぶちまけます。
てか、ドンだけ好きなんだよあのエロゲw
夜空は、薔薇少女という着ぐるみのキャラを選びます。
基本、夜空は露出の少なめですね。
幸村の選んだ侍は一番RPGに出てくる職業っぽいですね。
回復役がいないことを危惧した小鷹ですが、シスターを選んだマリアがこの役割することになります。
~どう見てもインデックスですw
”中の人”つながりでしょうか??

何だかんだで最初の敵わらすぼ兵士と戦闘になり、何か妙に思い入れの深い小鷹の叫びも空しく、夜空たちによって全滅します。
てか、こんな生々しい死に方の敵が出るRPGなんかやだ。。

ほぼ無抵抗だと思われる敵(わらすぼ)を倒しヴァルハラ上に着いた一同は、魔王(わらすぼ)と戦闘になります。
夜空と星奈がいつものように足を引っ張り合い、死亡する中、幸村や理科も魔王の攻撃に倒れていきます。
最後に残った小鷹は、魔王の攻撃を受け半死半生になりますが、そこにマリアのキャラが助けにきます。
しかし、口上の途中で攻撃を受け結局、全滅でゲームオーバー。
小鷹は、マリアのキャラを操っていたのが、小鳩だと気付きます。

小鳩は起きてきたマリアの、小鷹に対する馴れ馴れしい態度に激怒。
ここに聖と魔の対決が勃発します!

それはさておき、小鳩も隣人部に所属となり、これで全員集合ですねw

その後、ゲームの片付けをする際、みんなでゲームをするのは楽しかったという理科のセリフが印象的でしたね。
もしかしたら、隣人部のことを一番分かっているのは、理科なのかもしれません。

次回 カラオケボックスは客が少ない(つд⊂)

テーマ:僕は友達が少ない - ジャンル:アニメ・コミック

僕は友達が少ない 4話

4話 後輩達は遠慮がないΣ(゜口゜
分岐点である3話を越え、今回は新キャラが3人も参入のテコ入れ回でしたw

高山マリア
夜空に騙されて隣人部の顧問にならされ、談話室も取られてしまった10歳のシスター。
騙されたことに気付き、顧問を辞めると言い出しますが、またも夜空に言いくるめられ、
最後はパシリと化して、Aパート終了後、CM内で誰もいなくなった部室にお茶を持って現われますw

楠幸村
戦国武将のような名前とは裏腹にその可憐な容姿で、男子生徒から距離を置かれ、それをいじめられていると勘違い。
校内でも有名なヤンキー(だと思われている)小鷹のような”強い男”に憧れ、隣人部に入れば、小鷹をそばで見られると夜空に言いくるめられ、入部しますが、メイド服を着させられたり、夜空のいいおもちゃと化してますww
そういえば、1話から小鷹をストーカーしてましたね。

志熊理科
4話の真打ち登場です。
専用の特別研究室・「理科室」の提供されるほどの天才児で、実験中に意識を失ったところを、幸村を追っていた小高に助けられ、お礼に現われますが、教室内で、「陵辱」と言い出して、卑猥な妄想を展開!
焦った小鷹は、教室の外へと連れ出します。
階段の踊り場で、小鷹のやさしい表情に惹かれた理科は、入部届けを持って隣人部を訪れます。
星奈ともども、隣人部の勧誘ポスターの仕込みに気付いた「残念」な感性な持ち主。
入部を認められた矢先から、その超絶的な腐女子っぷりを発揮し、ロボ×ロボという特殊な嗜好の同人誌を朗読。
その魂の叫びは、夜空ですらドン引きさせますw

さて、顧問が顔を出し、二人の後輩が入部し、一気ににぎやかになった感じの隣人部。
図らずも幸村の言った美女をはべらせたようなハーレム状態になった小鷹ですが、
本人はまったく気付いてない様子。
まあ、お約束ですがww

理科が現われたことで、夜空無双の隣人部もバランスが取れた・・・様な気がします。。

次回は小鳩が加入ってことでしょうか??

次回 今度はSAGAがガチな戦いヽ(`Д´)ノ




テーマ:僕は友達が少ない - ジャンル:アニメ・コミック

僕は友達が少ない 3話

第3話 市民プールはフラグがない(;´ Д`)

エロゲ→妹→水着回→拳と拳のぶつかり合い
→後は・・・・分からん・・・!



はがないも3話ということでしたが、のっけから星奈がエロゲーをやっているシーンからで、だいぶその後の展開が心配になったのですが、全体としては、1話、2話よりテーマに近いお話でしたねw
それにしても前回のゲーム回のヒキとはいえ星奈は、どんどんダメな方にいっている様子で、ゲームの内容を賛辞する様に小鷹も引き気味でしたね。。。
それにしても件のエロゲの登場人物は突っ込みどころのある方々でしたねww
聖剣の刀鍛冶
前半の感想としては声優さんって大変だな~と思いましたw

さて、1話から後姿で登場していた小鷹の妹
レイシス・ヴィ・フェリシティ・煌こと、
羽瀬川小鳩が本格登場で、その厨二病ぷりを披露しましたw
それにしてもCVの花澤さんは、前期では厨二病の相手をしていたのに、今期では厨二病の役ですね。。

後半は星奈の頼み泳ぎを教えるためで、市民プールに向かいます。
飲み込みの早い星奈に驚く小鷹。
基本、残念な所しか描写されていなかった為、忘れがちですが、星奈は能力の高いという設定が分かるエピソードですね。

昼食後、3人組の男に絡まれる星奈を助ける小鷹。
小鷹は、3人組に丁重にお引取り願おうとしますが、星奈は男達を煽り、小鷹は荒っぽい手段を使わざる得なくなってしまいます。
無茶をする星奈を叱る小鷹。
関係ないといった星奈に珍しく熱くなる小鷹ですが、二人の関係が変わった重要なシーンですね。

小鷹は、髪にせいで絡まれていた昔のことを思いだします。
弱いものいじめは止めろと言って助けに入った ×× に自分は弱いものじゃないと告げ、殴り飛ばす子供の頃の小鷹。
いじめをしていた少年達も入り乱れ大乱闘になります。
終わった後、2人は一緒に遊ぶようになります。

本当の友達
×× は、母親から本当の友達を作りなさいといわれたことを、小鷹に話します。
小鷹は、世界が敵になっても自分だけは ×× の友達でいると告げますが・・・

さて、3話は、導入に騙されがちですが、ワリと真面目にテーマを語ったお話でした。
100人分大切に出来る本当の友達を作りなさい。
部室で呟いた小鷹のセリフに動揺する夜空。
そのことが意味するのは・・・??

名前も忘れてしまった ×× のことを思い出し、一生友達なんているのだろうかと言う小鷹。

それは、さておき次回は新キャラ登場!
これで隣人部全員集合か!?

次回 後輩達は遠慮がないΣ(゜口゜;

テーマ:僕は友達が少ない - ジャンル:アニメ・コミック

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR