Fate/Zero 20話

舞弥・・・逝く・・・!
時は巻き戻り、ランサー陣営を脱落させた切嗣は、
新たな隠れ家の工房で、体の機能が停止し始めたアイリと邂逅する。
アイリは、切嗣に出会ってからの人生のことを感謝し、
譲り受けていた「全て遠き理想郷(アヴァロン)」と、
アインツベルンで帰りを待つイリヤのことを託し、夫を戦場へと送り出す。

切嗣は、次のターゲットである遠坂時臣のもとに向かうが、
結界が張られていないことに疑問を感じ、屋敷に潜入するも、
そこで時臣がすでに何者かに殺害されていた事実に行き当たる。

一方、舞弥は、アイリに自身の過去を語る。
自身を切嗣のための「部品」あると割り切っている舞弥は、
外の世界と切り離されて生きてきたアイリが、
切嗣の理想を叶える手助けをすることを疑問に思っていると告白する。
アイリは、本当は切嗣が目指す理想の世界のことを理解していないと言い、
自分の本当の望みは切嗣とセイバーに聖杯を手に入れてもらい、
イリヤの為に聖杯戦争を終わらせることだと告げる。

アイリにこの戦いが終わった後のことを聞かれた舞弥は、
理想の世界が訪れれば、自分の居場所はないというが、
ここで命を落とすしかないアイリから、是非自分の分も生きてほしいと懇願される。

その時、2人はライダーから突然の襲撃を受け、
舞弥からの連絡を受けた切嗣は、令呪を使ってその場にセイバーを召還するが、
舞弥は重症、アイリはライダーに連れ去られてしまう・・・!

さて、過去編は終了し、ラストに向けてのワンクッション的な感じで、
色んなところにフラグがまかれてた回でしたね。
今回で良キャラクター久宇舞弥も脱落、
アイリとの会話もよかった。

久々登場のライダーとウェイバーですが、
”あの2人組”の姦計により、セイバーと戦うことになってしまいます。
いよいよモータード・キュイラッシュも登場しますので、
次回は戦闘面の演出に期待したいところです!

テーマ:Fate/Zero - ジャンル:アニメ・コミック

Fate/Zero 19話

正義の暗殺者誕生…!
アリマゴ島での死徒発生事件から数年後、
自らの手で元凶である父親を殺害してしまった切嗣は、
その時知り合ったフリーの魔術師ナタリア・カミンスキーの元に身を寄せ、
傭兵になるべく訓練を受けていた。
日々を重ねる内に互いを家族と感じ始める2人だったが、
そんな時、死徒オッド・ボルザークの暗殺の依頼が舞い込む。

前回に引き続き、過去編です。
切嗣がいかにして冷酷な暗殺者になったかが描かれましたが、
尺的には大分厳しかったようで、過去部分で時間が行ったり来たりしていて、急ぎ足な感じがしました。
切嗣の名前の由来に関しては、
この話のラストを理解する上で結構重要な要素だったのですが、
フェイトファン以外の人が、この流れを理解できたかで演出の真価が問われそうですね。

さて、次回は本編に戻って後半戦突入ですね。

テーマ:Fate/Zero - ジャンル:アニメ・コミック

Fate/Zero 18話

”ケリィ”と呼ばれた少年の物語
アリマゴ島で父親、矩賢と2人で暮らす少年時代の衛宮切嗣は、
島の少年達や世話を焼いてくれる少女”シャーレイ”に、
”ケリィ”と言う愛称で呼ばれながら、普通の生活を送っていた。
しかし、父親の研究に傾倒していたシャーレイは、
自らに矩賢が開発した試薬を試してしまい、死徒化してしまう。
シャーレイに殺してくれと懇願される切嗣だったが、
拒否したことで、神父のもとへと助けを求める間に、
島の住人は死徒し、事態を察知した魔術協会・聖堂教会によって、
島は壊滅する。
フリーの魔術師、ナタリア・カミンスキーに助けられた切嗣は、
全ての原因である父親を射殺する。

さて、過去編始まりましたね。
原作とほぼ同じ流れではありますが、
希望を抱かせるイメージの日常から、
一転、悲劇的な非日常を描いた流れは、
虚淵作品をコンパクトまとめた印象を受けました。
月姫にも連なるキーワードが散りばめられていて、
タイプムーンファンの自分としてはかなり楽しめた話でした。

・・・しかし、シャーレイがタイガーに似てるっていう話でしたが、
約束のシーンや死徒化したイメージが強く、あんまり重なる印象がなかったですね。
たぶん、普段のシャーレイが大河と似ていたと言うことなのでしょうが・・・

ナタリアの弟子となった切嗣だったが・・・
次回も救いようがない話のようです。。。


テーマ:Fate/Zero - ジャンル:アニメ・コミック

Fate/Zero 17話

最凶のコンビ誕生・・・!!
冬木教会に戻った言峰綺礼は、ケイネスに射殺された父、璃正の死体を発見し、
死の間際に残されたメッセージによって残った令呪を全て受け取る。

璃正の死を知った遠坂時臣は、一番組しやすいと思われるアインツベルンに同盟を組むことを持ちかける。
しかし、その話し合いの場でアイリは綺礼と遺恨があることを告白し、
時臣は綺礼に協力関係を破棄することを言い渡す。

衛宮切嗣を強く意識する綺礼は、聖杯戦争から引く気は毛頭なく、
油断していた時臣を殺害、アーチャーと再契約を果たす・・!

さて、今回は、Fate/stay nightまで続く最凶のコンビ誕生の瞬間が描かれました。
本編をやったことのある自分にとっては、ついにか!と言った感じでしたねw
他にも、時臣と凛の会話や、アゾット剣を綺礼に託す所など、
本編の要素が出てきて、結構嬉しかったですねw

そんな中、セイバー操るV-MAXが密かに登場!
ノーマルの状態でもカッコイイのですが、
モータード・キュイラッシュ状態になった時の描写に期待したいところですねw

アイリも小聖杯の状態に戻りつつあり、
これからもどんどん悲劇的なシーンが増えそうですが、
来週は、切嗣の過去編です。
まあ、こっちも救いようのない話なのですが・・・

次回も楽しみですw

テーマ:Fate/Zero - ジャンル:アニメ・コミック

Fate/Zero 16話

とある傭兵の戦術
海魔を操ったキャスター陣営が倒れ、
その日の戦闘は終わったかに見えたが、
切嗣は舞弥とともにランサー陣営に攻撃を仕掛ける。

交渉により令呪を手に入れたケイネスは璃正を銃殺し、
隠れ家へと戻るが、切嗣たちによってソラウがさらわれたことを聞き、
報告をしたランサーを罵倒する。

直後にセイバーとアイリが現われるが、
純粋に決着をつけようとするセイバーに対し、
これを受けるランサー。

しかし、その戦いの裏で、
ケイネスのもとに現われた切嗣は、
ソラウの命を盾にある契約を迫る・・・!

さて、前回までのエンターテイメント的な戦闘と対を成すような、
淡々として冷徹な戦いが繰り広げられた今回ですが、
ケイネスと直にやり合ったとき以上に衛宮切嗣らしい戦い方だったのではないでしょうか。
この辺の展開はまさに虚淵さんの真骨頂な感じがしますね。

次回、アイリのもとに時臣から共闘の申し入れがあるが・・・
来週も楽しみですねw

テーマ:Fate/Zero - ジャンル:アニメ・コミック

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR