輪るピングドラム 19話

19TH STATION 私の運命の人
多蕗の手から何とか陽毬を救い出した冠葉。
多蕗には親の居所は知らないと言ってましたが、今回のアバンに剣山と千江美が登場!
健在していると分かり、どうやらまた何かの企てているようですね。

一時退院が許された陽毬は、高倉家で退院パーティーを開いてもらい、そこで編んでいたセーターを兄たちに手渡します。
パーティーが終わり、後片付けをしようとする陽毬に気を使い、苹果が晶馬ともに台所に入る姿を見て、言い知れぬ寂しさを覚える陽毬。その時、テレビではダブルHが出演しており、後日通院した際、眞悧に居場所がなくなっていくと告白します。
今のままでいたいという陽毬に、眞悧は、自分の本当の気持ちに気付くと大切なものが壊れてしまうと思っているのではないかと告げますが・・・

真砂子は眞悧のもとを訪れ、日記の使い方を聞きますが、魔法の呪文が書かれているだけといわれ激昂します。
この間違った世界を変えたいと告げる眞悧に背を向ける。
どうやら日記の使い方を分かっていなかった様子。
眞悧もあえて今までそのことを伏せて、自分では手が出せないという日記を処分する役目を割り振ったのでしょうか??

日記を燃やそうとした真砂子ですが、マリオの命を握っているのが、この日記だと考えると燃やすことが出来ず、今、自分を支えてほしい冠葉を縛り付ける高倉家と陽毬に怒りの矛先を向けます。

陽毬がさらわれたことや、今でも自分達を恨んでいる人たちがいることに対し、晶馬は両親のせいだといい、自分達に親は必要ないと冠葉にいい、冠葉も了承します。
陽毬の命は、両親が属している組織からの金でまかなっている以上、冠葉にはその辺の葛藤がありそうですが、いずれ2人は決裂しそうな予感がしますね。

兄たちが不在の時に真砂子が高倉家を訪れ、陽毬が冠葉の本当の妹ではないと告げます。
真砂子は強制的に記憶を思い出す”思い出し玉”を陽毬に向けて発射します。
戻ってきた冠葉と晶馬は真砂子を止めようとしますが、
その時、陽毬は過去の記憶を思い出し、自分の運命の人が晶馬だったことに気付きます。

さて、運命の果実をわけあったという陽毬と晶馬。
来週はその辺の詳細が語られるのでしょうか??

NEXT STATION→20

テーマ:輪るピングドラム - ジャンル:アニメ・コミック

輪るピングドラム 18話

18TH STATION だから私のためにいてほしい

今回はアバンで多蕗の左手の指が潰れていたわけが母親に見捨てられることを恐れてのことだったと分かりました。
結局、見捨てられてしまうのですが、多蕗は自らが傷ついても救いにきて、手を差し伸べくれた桃果が特別だと感じてもおかしくありません。

そんなわけで、今回は多蕗の桃果を失った原因を作った高倉への復讐の話です。
陽毬を人質に取り冠葉を呼び出した多蕗は、父親を連れてこいといいますが、
分からないという冠葉に対して、
陽毬を乗せたゴンドラのワイヤーを爆薬で一つずつ切っていきます。
このプラスチック爆弾、C4でしょうか?
ただの教師である多蕗がそんなものどうやって手に入れたんでしょうね??

結局全てのワイヤ-が切られ落下するゴンドラを手でつなげとめることになる冠葉。
その後、多蕗は自ら陽毬を救いますが、彼女のことを殺すかどうか決めかねていたように思います。

今回は作画も超気合入っていたみたいで、展開に比例していたように感じましたw

さて、各々の目的もはっきりし、一区切りついた感じです。
次回は新展開って感じだと思いますが・・・どうなるんでしょうね??

NEXT STATION→19

テーマ:輪るピングドラム - ジャンル:アニメ・コミック

輪るピングドラム 17話

17TH STATION 許されざる者
眞悧の提供した薬により一応の安定を図っている陽毬の容態ですが、久しぶりに現われたプリンセス・オブ・ザ・クリスタルの前で冠葉は無力さを吐露します。
眞悧の目的が復讐なら、わざと冠葉に自信喪失させている可能性がありますね。

ピングドラムの入手を改めて指示するプリンセスですが、その正体が桃果ならば、高倉兄弟に日記の危険性を語らない理由は何なのでしょうか??

そういえば、兄弟達は、今、日記を所有している人間がゆりと真砂子だと分かっているみたいだし、晶馬もゆりから日記の世界の乗り換えの話を聞いているみたいだし、いつの間に?といった感じです。

兄達のためにセーターを編む為、病院を抜け出した陽毬。
苹果と一緒に二人に合う糸を探す中、多蕗からの連絡を受けた苹果とともに彼に会うことになります。
高倉に罰を与えるという多蕗。
とうとう牙を出した様子の多蕗ですが、ゆりに語ったことはどうなったんでしょうね??

過去の話が続き、謎が解明されだしたように思いましたが、まだ当たり障りのない部分しか開示されていないようですね。。

NEXT STATION→18

テーマ:輪るピングドラム - ジャンル:アニメ・コミック

輪るピングドラム 16話

16TH STATION 死なない男

傍若無人だった祖父の影に、いまだ怯え続ける夏芽真砂子の話。

日記を手に入れたと思われた真砂子でしたが、ゆりしてやられたことに気付きます。

今回出てきた新キャラ連雀は、冠葉の監視を命令され、プリンセス・オブ・ザ・クリスタルが展開したイリュージョン空間に突入。
まさか、こういう流れになるとは予測してませんでした。
普通に考えれば、プリンセスは警告をしたと思いますが、嬉々として連雀のあられもない姿を写真にとってましたねw

さて、祖父のせいで家を出て行ってしまった父。
残された真砂子とマリオは、祖父に怯える毎日を過ごします。
真砂子の祖父を様々な方法で殺害する夢オチは、もういいよとも言うぐらい様々なバリエーションで展開されますが、おそらくこれを毎日夢に見ていた真砂子がどれだけ祖父を憎んでいたかが表現したかったのではないかと思います。
しかし、現在の真砂子が、憎んでいた祖父と同じ性格と行動をしているのは皮肉ですね。。

その祖父も自らさばいたフグであっさり死んでしまいます。
マリオに乗り移ったと祖父に怯える真砂子は、毒入りと普通のふぐ刺しを食べほし生死の境をさまよう中、冠葉が企鵝の会の人間と一緒に行こうとするのを止めようとします。

どうやら今回の話は、真砂子の祖父への感情を利用した眞悧が、自分の目的のために、日記の半分をもっている彼女を自分側に引き入れるためにやったことと推測します。
真砂子は、おそらく桃果の生存している世界”運命の至る場所”と呼ばれる路線への乗換えを拒否。
眞悧とは袂をわけた形になりましたね。

すごくオブラートに包んで今後の伏線を入れてくるので、よく見てないとこのアニメ独特の演出に振り回されてよくわからない状態になってしまいますね。。今回もそんな話でした。


そして真砂子の回想で、子供の頃になぜ冠葉が屋敷内にいたのか?
その辺の謎も気になる所ですね。

NEXT STATION→17

テーマ:輪るピングドラム - ジャンル:アニメ・コミック

輪るピングドラム 15話

15TH STATION 世界を救う者
OP変わりましたね!
今回は話も結構置くまで踏み込んだ感じでしたのでそれにあわせたのでしょうか?

温泉宿でゆりに襲われそうになっている苹果。
その頃、晶馬は友達の誘いで同じ温泉宿に止まっていた。
かなり無茶な展開だと思いますが、ここまで超展開に慣れたからでしょうか?そんなに違和感なかったような・・・

さて、苹果を助けに現われ、転倒して気絶した晶馬と薬で眠っている苹果を置いて、日記を奪いに来た夏芽真砂子とゆりの戦闘??が繰り広げられました。
今回はダミーの日記を真砂子に掴まさせ、本物は金庫(旅館に据え置きされてるアレですねw)にしまっていたゆりに軍配が上がりましたね。
・・・やはり年の功でしょうか??

後半は、ゆりの目的が明かされ、過去話が展開されるのですが、
荻野目桃果
~が本格的に登場!
性格的にかなりインパクトがあると予測していたのですが案外普通でした。

そして、桃果は、父親に虐待されているゆりを日記の力、世界の乗り換えを使って助け、自分はその代償に重傷を受けてしまいます。
最近、多世界解釈を基にした物語が多いですが、おそらく偶然にでしょう。
これもシンクロ二シティなんでしょうかね?

さて、消えてしまった桃果をこの世界に取り戻す(?)べく、日記の力を使おうと画策するゆり。
今だ真相を知らない高倉兄妹や苹果たちは、いずれこの事実を知るでしょうが、その時どのような選択をするのかがこれからの物語になってきそうですね。

NEXT STATION→16

テーマ:輪るピングドラム - ジャンル:アニメ・コミック

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR