スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STEINS;GATE「シュタインズ・ゲート」 1~3話

遅ればせながら、3話まで視聴終わりましたw

面白いです!!

運命石の扉(シュタインズ・ゲート)の選択において、

続けて視聴決定ですw

ご了承くださいww
1話「始まりと終わりのプロローグ -Turning Point-」
色んな要素が詰め込んである1話ですが、
ゲルバナの分子構造みたいにエピソードを断片的に見せているみたいです。
謎だけを放り投げといて後でその伏線を拾うと言った形をとるのでしょうか?
それでも、見せ場としてCM前に世界線の移動による人間消失→ラジ館に突っ込んだ人工衛星。
ラストに死んだ(と思われた)はずの、牧瀬紅莉栖に遭遇
というように、うまく区切りごとに引きを持ってきている。
それでも、この話だけだとなんだかわけわからんで感じなので、
とりあえず、オカリンの厨二病っぷりを楽しんでみました。

2話「時間跳躍のパラノイア -Time Travel Paranoia-」
鳳凰院凶真だ!!
パラノイア>偏執症(へんしゅうびょう)精神病の一種で、体系だった妄想を抱くものを指す。
・・・らしいです。
オカリンのことだと思われますが、ジョン・タイターも@チャン上で出てきますので、
広い意味で考えたい所ww
1話でオカリン、まゆり、ダル、紅莉栖
2話で、るか、鈴羽、フェイリス、萌郁
といった感じでメインの登場人物の紹介をうまくストーリーにかませてますね。
ここでも、最後辺りまで、謎を振りまいてますが、
僕が、話に引き込まれたのは、実験で電話レンジ(仮)の中からゲルバナが消え、房に戻っていたシーンです。
僕的には話が展開し始めたと感じました。
あくまで主観ですがw

3話「並列過程のパラノイア -Parallel World Paranoia-」
3話まで見てなんですが、OPへの入りが秀逸ですねw
前半はHENTAIパート・・ではなく、まゆりが買ってきた”ジューシーから揚げ”による再実験でした。
まゆりが途中でレンジの扉を開けたため、レンジから出た放電で実験は失敗?と思いきや、ダルのメールがオカリンの携帯に送られた日時が過去を示していたため、オカリンは電話レンジ(仮)をタイムマシンと断定します!
・・といった所でAパート終了。
Bパート
SERN(セルン)をハッキングしろ
実験後、電話レンジ(仮)はタイムマシンと思われる機能を失ってしまいます。
オカリンはタイムトラベルをする方法でミニブラックホールを使ったものがあるといい、
SERN(セルン)のハッキングして調べろとダルに言います。
この辺の冗談ともつかない会話からのガチの展開が結構引き込まれますね。
そして食い逃げ。。
オカリーン!!!
そりゃ怒るわ。。

IBN 5100絡みでタイターのメールアドレスをゲット
この辺はとりあえず見流しときました。
原作プレイ済みの方はわかるのでしょうが、後で驚きたいとこなのでこんなことがあった程度でとどめておきますw

さて、本当にSERN(セルン)にハッキングをかけIDをゲットするダル。
そこで、関係者のメールを閲覧した時、”Zプログラム”と呼ばれる実験において、
ミニブラックホールの生成に成功したが、”Human is Dead”(人が死んだ)という文章を見つけ絶句する。

おそらく色んな伏線が散りばめられているようですが、
現時点であんまり理解してません。
もうちょっと話が進まないとわからん気がしますので、しばらくはオカリンとダルの掛け合いを楽しみたいww


FC2 Blog Ranking

STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]
(2011/06/22)
宮野真守、今井麻美 他

商品詳細を見る


STEINS;GATE Vol.2【初回限定版】 [Blu-ray]STEINS;GATE Vol.2【初回限定版】 [Blu-ray]
(2011/07/27)
宮野真守、今井麻美 他

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Steins;Gate - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。