スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新約 とある魔術の禁書目録!!

”新約編”と銘うって禁書リスタートです!
表紙の真ん中にでーんと構える少女”フレメア=セイヴェルン”を中心に、
お馴染み、一方通行(アクセラレータ)チームと、浜面仕上率いる(?)新生”アイテム”が、
新たな脅威”新入生”と対峙して行きます!

・・・そして、"あの男”は・・!!?

結構分厚いです!さすが鎌池先生!こいつは読み応えあるぜ!!!

新約 とある魔術の禁書目録 (電撃文庫)新約 とある魔術の禁書目録 (電撃文庫)
(2011/03/10)
鎌池和馬

商品詳細を見る


とある魔術の禁書目録(インデックス)SS (電撃文庫)とある魔術の禁書目録(インデックス)SS (電撃文庫)
(2007/07)
鎌池 和馬

商品詳細を見る



FC2 Blog Ranking
5/18追記
”アイテムマスター”浜面仕上・・・!

新約編1巻で様々な道具を使いこなし、絶体絶命的状況を打破してきた浜面。
そろそろ、レベル0と言いがたくなってきましたね。
なので、超個人的にこの二つ名を押したい!

とりあえず内容はおいといて、今回浜面が使った道具類にポイントを絞って再読してみました。

P102 4ドアの乗用車:駆動鎧への囮です。センサー郡が正常に働かなくなる瞬間を作り出す為に使用。駆動鎧の攻撃により爆破。

p105 HsLH-02電動式(リニア)ハンマー:警備員(アンチスキル)の装備、4ドア爆破直後に、その間隙を縫って、この武器で攻撃を仕掛ける。

p147 道具ではありませんが、郭の居場所を探る為、郭が選ぶルートと警備ロボットの巡回パターン、時間帯によって使えない道を排除して郭の位置を割り出す。

p160~ 対エッジ・ビー戦:プロペラの動きを止めるため、パラソルを下から差し込んで、動きを阻害させた。
エッジ・ビーに破壊された扉を使って、上から下に攻撃を加えることで、風の流れを遮断し、ドアを叩きつけて攻撃。
消火器で横殴り。

p180 電動補助式ブロウパイプ:電気補助の吹き矢のこと。黒夜海鳥の「窒素爆槍」の攻撃で破壊される。

p215 へし折れた鉄パイプ:一方通行へ攻撃したが失敗。

p218 警備員の拳銃:打ち止めを狙ったが、直前で止める。

p226 2ドアのスポーツカー:盗難車。フレメアを連れ去ったシルバークロースを一方通行と追う。ダンプを止めるため、相対速度を合わせた上で、ボディを優しく密着させそこから一気に力を加えて押すことで、ダンプは制御を失う。

p240 HsSSV-01「ドラゴンライダー」 人の体に似せるという条件を排除され、「表側」のありとあらゆる技術を積み込み、全天候・全環境において圧倒的な機動力を確保し、迅速な部隊展開と敵勢力の制圧を目的に作られた正義の味方のためのバイクを含めた駆動鎧。最高時速1050kmという、地上を走る乗り物としては常識外れな速度を誇り、搭乗者にその速度での制御、操作を維持させるために、体の内外からサポートを行うシステムが組み込まれている。本来警備員の新型警邏バイクだったものを第三次世界大戦のために改造を加えたものだが、予想外に戦争が速く終結したため永眠するはずだった。しかし、作り手である丈澤道彦が浜面仕上に託し、彼が装着したことで実践に投入され、「新入生」の駆動鎧と激戦を繰り広げた。
ハッキング防止用にあえて電子ロックではなく精巧なアナログ錠を採用しており、その所為かは不明だが浜面にあっさりセキュリティを解除されている。(Wikiよりコピペ)

p335 メタルイーターM5:対戦車仕様のフルオートライフル。撃ったときの反動がすさまじく、浜面はそのまま後ろに吹き飛ばされた。

p370~ 電磁破照射装置+果物+メタルイータ-M5の弾丸:ファイブオーバーの装甲を貫く為、半球上になった大量の果物にメタルイーターM5の弾丸を突き刺し、安定した面が床を接することで弾丸の先端が常に上を向くようにセットし、ファイブオーバーのAIのパターンを逆手にとってそれが入ったダンボールを破壊させ、ファイブオーバーの胴体下部に果物が来るようにし、電磁破照射装置をつかって、電磁波による誘爆を起こさせほぼゼロ距離の攻撃でファイブオーバーを沈黙させる。

p356~ FIVE_Over. Modelcase_”RAILGUN”(ファイブオーバー モデルケース・レールガン):
シルバークロースがコレクションする駆動鎧の一つ。御坂美琴の能力を機械的に再現・発展させた「Gatling_Railgun(ガトリングレールガン)」と呼ばれる鎌状の主砲を搭載し、恐るべき貫通力を誇る銃撃を毎分4000発撃つ事が出来る。基本的に人間が乗り込んで操縦するタイプの兵器だが、たとえ搭乗者が動けなくてもその人間のシナプスを制御システムに組み込む事で自動的に戦闘を行う事も可能。しかし、その場合だと単調な攻撃しかできなくなるのが欠点。黒夜が浜面達を抹殺するため送り込んだが、攻略した浜面が搭乗し逆に反撃された。(Wikiよりコピペ)

・・とこんな所でしょうか??
漏れがあるかもしれませんが、1冊だけで結構な数の道具を使ってます。
今後も、浜面の”道具(アイテム)”による戦闘に期待したいです!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:とある魔術の禁書目録 - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。