トータル・イクリプス 8話

感じるかい、ユウヤ・・・
これが
作画崩壊の空気ってやつだよ・・・
はい、またちょっと仕事が忙しいので簡単な感想を書かせてもらいます。
ペトロパブロフスク・カムチャツキー基地に派遣されたアルゴス小隊。
ユウヤは初の実戦による訓練に挑む。
と言う流れで2話以降空気と化していたBETAが再登場。
上のタリサの元セリフ通り、
戦場の空気を伴った緊迫した展開が待っているはずでしたが、
ここに来て作画の崩れがMAX状態に陥り、別の意味でハラハラドキドキしました。。
・・・特にミーティングの後の廊下でのユウヤと唯依の位置がおかしかった。。
どっち向いてしゃべっているのか分からない状態に・・・普通にヤバイなと感じました。
新キャラや新型兵器登場で盛り上がってきた感じであるだけにちょっと残念でしたね。
来週は持ち直してくれるかな・・・

次回「落涙」

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:トータル・イクリプス - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR