スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様ドォルズ Seg.65「焦燥の行く末」

その名は常絶(トコタチ)・・・!
村人達を拘束した阿幾の前に、日々乃に擬態した案山子が現われる。
それから、昔戦った天照素と同じ虚無の闇が侵食してくるような感覚を得た阿幾は、
胸を熱くする。

一方、杣木家へ向かった匡平たちは、傷の手当てをしながら、
靄子に戦闘に向かった案山子がほぼ全壊した事実を告げる。
匡平はショックを受け絶叫する靄子を宥めつつ、先ほど遭遇した案山子について調べてもらい、
靄子はそれが相手の能力をコピーする案山子”常絶(トコタチ)”であると推測する。

同じ頃、人形相手に血をたぎらせることに困惑しながら、
常絶と戦闘を開始した阿幾は、
能力を封印されている暗密刀の影響と、
行き場のない自分自身の心と向き合ってしまった隙をつかれ、
常絶の攻撃を受けそうになるが、
下山の援護により九死に一生を得る。
下山の叱咤に冷静さを取り戻した阿幾は、
再度、常絶と向かい合うが・・・!?

さて、序盤で枸雅 篤史の母親、君江登場で阿幾との間に何か起こりそうな伏線を作りつつ、
天照素改め常絶VS阿幾戦突入です。
常絶は名前だけは知っていたのですが、
まさか今まで戦っていたのが常絶だったとは・・・
正直、ヤラレタって感じですw

阿幾自身と久羽子が持っている八尺勾玉(ヤサカノマガタマ)を取り込み、
八咫鏡を持つ玖吼理と詩緒を討ち破ろうとする常絶と阿幾の戦闘をメインに、
人形との戦闘に心を躍らせる自らの矮小さを認識してしまった阿幾の葛藤が描かれています。
ラストで元に戻ったようなので、
さらに激しいバトル展開を期待しつつ次回を待ちたいです!

月刊 サンデー GX (ジェネックス) 2012年 08月号 [雑誌]月刊 サンデー GX (ジェネックス) 2012年 08月号 [雑誌]
(2012/07/19)
不明

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:神様ドォルズ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。