Fate/Zero 22話

優しさと冷酷さが同居する物語
セイバーとの戦いで、神威の車輪(ゴルディアス・ホイール)を失ったライダーたちは、
徒歩でマッケンジー夫妻宅へ帰宅する。
そこで待っていた、グレン・マッケンジーは、ウェイバーを家の屋根に誘い、
一緒に星を見ようと持ちかけてくる。
ウェイバーは、グレンと会話する中で、彼の暗示が解けていることに気付くが、
グレンから妻の為にももうしばらく芝居を続けてほしいと持ちかけられる。
命がけの戦いをしている為、約束はできないと言うウェイバーだが、
グレンから”命と秤にかけられるものなどない”と告げられる。

言峰綺礼が一連の出来事の糸を引いているという核心を得た切嗣は、
捜索の結果、聖杯に関わる4つの霊脈の内、
綺礼が柳洞寺に現われることを予測、待ち伏せをする。
舞弥の死に孤独を感じる切嗣の前にセイバーが現われ、
アイリを見失ったことを告げるが、切嗣は彼女が報告を終え、去るまで無関心を貫く。

キャスター陣営の元アジトへと隠れ潜む綺礼は、
目を覚ましたアイリに自分が聖杯戦争の勝利者になると宣言する。
アイリは、切嗣が綺礼を最悪の敵とみなしていると告げ、
綺礼は望む所だと言うも、アイリの綺礼が切嗣のことを理解していないと言う発言に激昂、
アイリから切嗣の願い”恒久的世界平和”を聞き、理解不能に陥る。
切嗣がいずれ切り捨てる相手でも愛さずにはいられないということを聞いた綺礼は、
彼と戦う意義を見い出し、用のなくなったアイリを殺害する。

真夜中に目を覚ましたウェイバーは、
ライダーとともに何者かが打ち上げた魔力による狼煙を確認する。
挑発だと断定したライダーは、愛馬”ブケファラス”を召還し、
ウェイバーを誘うが、彼は3つの令呪全てを使い、
ライダーに必ず聖杯を手に入れ世界を掴めと命令し、マスターの権利を放棄する。
ライダーは、本当に強いものだけの戦場に立つ資格はないというウェイバーを、
自分の朋友だといい、最後まで共に戦うことを促し、
狼煙が上がった地、第4の霊脈”冬木市民会館”へと向かう。

同じ頃、狼煙を確認した切嗣は、言峰綺礼の目的が自分との戦いだと確信し、件の地へと移動を開始、移動中のセイバーもその地を目指す。

アーチャーはライダーの迎撃に向かい、綺礼は宿敵”衛宮切嗣”を冬木市民会館にて待ち構える。


そして、死んだはずのアイリは、自分そっくりのホムンクルスたちと娘イリヤスフィールの幻を見る。
泥の中に取り込まれたアイリが見たものとは・・・!?

さて、Fate/Zeroもいよいよラストバトルです。
今回もFate/stay night縁の地が登場しました。
嬉しくもアリもうすぐ終わってしまうのだなという寂しさもありますね。
ライダー陣営、綺礼、切嗣と三視点から展開した今回の話は、
綺礼、切嗣の二つの視点になりそうな流れの中、ウェイバーの存在があることで、
物語的に暗くなりがちな話に変化をもたらしていると言う点で、かなり特異な展開の決戦前だと思いました。

次回は、アーチャーVSライダー!
戦闘演出にかなり期待したいところです!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Fate/Zero - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) Fate/Zero 第22話 「この世全ての悪」

投稿者・ピッコロ oath sign(期間生産限定盤)(DVD付)(2011/11/23)LiSA商品詳細を見る ☆Fate/Zero 第21話 「双輪の騎士」の感想をポッドキャストにて収録! 雁夜の悲劇・・・綺礼とはいい酒が飲めそ...

まとめtyaiました【Fate/Zero 22話】

優しさと冷酷さが同居する物語セイバーとの戦いで、神威の車輪(ゴルディアス・ホイール)を失ったライダーたちは、徒歩でマッケンジー夫妻宅へ帰宅する。そこで待っていた、グレン・マッケンジーは、ウェイバーを家の屋根に誘い、一緒に星を見ようと持ちかけてくる。ウェ...

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR