スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女まどか☆マギカ 7話

前回ソウルジェムが魔法少女の本体だとあきらかになりましたが、
どうやらさやかもその後、その事実を聞いたらしく、
部屋に帰りきゅうべえに詰め寄ります。
しかし、きゅうべえはやはり聞かれなかったから言わなかったと言います。

戦いの運命を受け入れてまで、
叶えたい願いが君にはあったんだろ?
それは間違いなく実現したじゃないか。


やはり奇跡に対する対価は高かった。

魔法少女の戦闘形態
あえて戦闘形態と呼称します。
魔法少女は魔力を効率良く運用する為、その魂をソウルジェムに変え、
肉体は容れ物であると説明がありました。
今回補足として痛みに関することが
きゅうべえの口から説明され、
実際には槍で突かれたときの痛みを体験させられ悶絶するさやか。
肉体の痛みは軽減され戦いに支障がない程度になっている事と、
その気になれば完全に痛みを消してしまえる事です
この事が今回のラストで恐ろしい展開を生みます…!

ほむらがOPの猫ではないかという件
次の日学校を休むさやか
まどかはほむらにソウルジェムの事は知っていたかと聞きましたが、
彼女はその事をやはり知っていたようです。
そして、さやかのことは諦めるしかないことを再度告げます。
まどかはどうしてそんなに冷たいのと、
ほむらに聞きますが、ほむらはきっともう人間じゃないからと言います。
ネット上の情報が本当であればものすごい皮肉ですね。
公式に出ている情報ではないので、話半分で聞いておきます。

杏子の過去
ひきこもっていたさやかを杏子は話しがあると言って連れ出します。
廃墟となった教会を訪れた2人は、
長い話になると、杏子はりんごを渡します。
しかし、さやかは渡されたりんごを投げ捨てます。
杏子はさやかの胸ぐらをつかみ、
食べ物を粗末にするんじゃねえと言います。
杏子は自らの過去を語りだします。
父親がこの教会の神父でいつも世界の事を考えている人だった事。
そして、教義にない事まで、説き出した為信者がいなくなり、
本部からも破門された事、当然生活は貧窮していったこと。
そして、そこにきゅうべえが現れ、”父親の話を聞いてもらう”という願いを叶える為、
魔法少女になり、自分は父親の手伝いをしているつもりが、
その事が父親のばれたとき、父親は杏子を激しくののしり、
そして、父親は杏子だけを残して家族と無理心中した。

あたしの祈りが家族を壊しちまったんだ。
他人の都合を知りもせず勝手な願い事をしたせいで、結局誰もが不幸になった。


そして、目的を失った杏子は魔法少女の力を自分の為に使うしかなくなった。
杏子はさやかも自分ために力を使えといいます。
さやかは杏子を誤解していた事を謝ります。
しかし、人のために祈ったことを後悔しないと言い、
さっき、差し出したりんごをどうやって手に入れたか聞きます。
杏子は黙り込み、言えないような方法で手に入れたりんごはもらえないと言います。
杏子にとって食べ物を与えることは、仲間かそれに近いものにしかしないはずです。
さやかはそれを拒絶し、杏子とは相容れないとその場を去ります。
その時の杏子の表情は怒っているように見えますが、
寂しがっているようにも見えます・・。

仁美と上條
登校してくる上條に驚くまどかたち。
今回もさやかは聞かされてないのでしょうね。
さやかはクラスでも離れたとこで見ているだけ、
そんなさやかを見て仁美はある決意をします。
放課後、仁美はさやかに上條のことが好きだと打ち明けます。
仁美はもう自分に嘘はつかないといい、
さやかに、
あなた自身の本当の気持ちと向き合えますか?と聞きます。
仁美は人間としてさやかに聞いてますが、”今”のさやかには酷な話です。
仁美は明日の放課後上條に告白するといい、さやかにそれまでに心を決めろをいいます。
仁美は1話でもまどかとさやかが上條の話をする時、意図的にさけているような描写がありました。
それは上條に近いさやかへの嫉妬からだったのですね。
多分上條が退院しなければ、こんな事態にはならなかったのでしょうが、
何という不幸のスパイラルでしょうか・・!

まどかとさやか
魔女狩りに出かけるさやかをマンションの入り口で待つまどか。
さやかに独りぼっちになってほしくないと言います。
さやかはまどかの優しさに本心を吐露し、
仁美を助けたことを後悔したこと、
上條を仁美に取られる恐怖と、それを黙ってみていることしか、
出来ない今の自分を思い泣きます。
まどかはそんなさやかを抱きしめ涙を流します。

まどかだけはなぜか立ち位置があまり変わらないように感じます。
逆に言うと彼女がそれを変えた時、もっと大きな不幸が起るときではないかと・・
・・それもそんなに遠いことではないかもしれません。

杏子ほむら
さやかの戦いを見守る杏子にほむらはらしくないと、
懐疑的な視線を向けます。
杏子のさやかに対する感情の変化とそれに気づいたほむら・・・、伏線でしょうか?

魔女戦
手こずっていると杏子はいいましたが、そうではないのかも。
推測でしかないですが、前半できゅうべえの言っていた痛覚をなくすと言う実験をしていたような節があります。
魔女の攻撃をまったくよける描写がありませんでしたから。
途中で、杏子が介入しますが邪魔しないでと言って魔女に突っ込んで行きます。

その気になれば完全に痛みなんて消しちゃえるんだ!

さやかは自分で言った”死人”と言う現実を見せつけられ、
狂乱しながら、魔女に止めを刺します・・!!

1人の少女が正義と言う闇に落ちていく・・!!

今回はそんなお話です。

いつもながらEDの入りが絶妙ですね・・!



FC2 Blog Ranking

魔法少女まどか☆マギカ 4(完全生産限定版) [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 4(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2011/07/27)
悠木碧、斎藤千和 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法少女まどか★マギカ 第7話「本当の気持ちと向き合えますか?」

奇跡はね、本当なら人の命でさえあがなえるものじゃないのよ。  それを売って歩いてるのがあいつ――。  契約の時に聞かれなかったから言わなかったと軽く言うキュゥべぇ。 最低の裏切りですが、人でないモ...

(アニメ感想) 魔法少女まどか☆マギカ 第7話 「本当の気持ちと向き合えますか?」

魔法少女まどか☆マギカ 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る ●意見交流の場として掲示板を設置しました。記事の感想や意見、原作ファンからの補足、もちろんアニメの感想 ...

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。