輪るピングドラム 22話

ダブルHの2人は、陽毬にもらったマフラーのお礼に新作のCDをプレゼントするため、高倉家を訪れる。
ちょうど、そこに顔を出した苹果に変質者と間違われた2人だったが、事情を話し、苹果にCDを渡して帰っていく。

すでにそこに陽毬はなく、行方知れずになっていると知らないまま・・

22ND STATION  美しい棺
前回、高倉家は崩壊し、それぞれの道を歩み始めた3人。
池部の叔父の所に陽毬が行っていないことを聞いた晶馬は、おそらく彼女は冠葉のところにいるだろうと予測する。
その予測どおり、陽毬は冠葉のもとにいたが、陽毬の薬が効かなくなっている事を聞いた冠葉は、追い詰められ、眞悧の計画に乗ることを決める。
そんな冠葉を止めるため、陽毬は彼を説得するが、冠葉は受け入れずに行ってしまう。
追いかける陽毬だったが、思い出の水族館で倒れこむ。

そんな冠葉を止める為、もう一人の妹、夏芽真砂子は、陽毬と同じく説得をし、冠葉がマリオと自分を助ける為、色んなものを犠牲にしてきたと告げ、冠葉を自分達のもとに連れ戻そうとするが、警察からの追っ手の攻撃により、冠葉は重傷を負ってしまう。
自分を囮に「企鵝の会」に冠葉をたくし、真砂子はエスメラルダとともに敵を迎え撃つ。

さて、ラスト2話。
果たして最後に出てきた檻に入った晶馬は一体??
来週、彼は誰と決着をつけるのでしょうか??

NEXT STATION→23
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:輪るピングドラム - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR