スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルソナ4 7話

7話 Suspicious Tropical Paradise
マヨナカテレビを視聴した悠は、そこに巽完二がふんどし一丁でお姉言葉を話し、腰をくねらせる映像を見る。
PVの方にも出ていた映像でしたが本編の破壊力はハンパじゃないですねw
番長は前回の雪子の時の教訓を生かして、録画していたようですが、残念な結果になりましたw

テレビ内でクマに完二の居所を見つけてもらおうとしますが、位置がはっきりしない為、完二に由来するものを持ってくることになります。
巽屋を訪れ、完二の母親と会話した後、ジュネスで直斗と会話の流れは原作通りですねw
完二の作ったストラップを子供から借り、熱気立つ大浴場へと(いやいやながら)突入します。
異様な雰囲気に、逃げ腰の男性陣ですが、番長のリアクションが笑えましたねw

完二のシャドウと接触し、その気色の悪さに即ペルソナを召還し倒そうとします。
一度逃げられ、奥の扉を開けようとしますが、見たくない展開が予測されるだけに誰も扉を開けませんw
女性陣に押し切られ無理矢理、悠と陽介が開けることになり、自分のシャドウを押し倒している完二をみてげんなりする一同w

ローション攻撃により足をとられ、倒れこみますが、ローションまみれになった女性陣の姿に録画できるものを持ってこなかったことを悔しがる悠と陽介。
気持ちはわからないでもないですが、そんなことをやっている間に完二は、自分のシャドウに否定してしまい、戦闘形態になってしまいます。
完二の影の一部である”ナイスガイ”、”タフガイ”も召還され、戦闘に突入。
そういえば、完二の影が使うスキル”禁断の呟き”で受けるバットステータス、男性陣は毒、女性陣は激昂状態になってましたねw
緊張感のなさとは裏腹に、結構ピンチな状態になってしまいますが、悠のワイルドの真の能力、ペルソナ合体により、現われた新たなペルソナ”ヤマタノオロチ”を召還します。
ここで合体??と思いましたが、アニメ的にはいい演出だと思います。
最後は完二の拳でノックアウト。千枝も驚いてましたねw

見た目とすぐかっとなる性格、腕っ節の強さとは逆に、可愛いものが好きで、母親を心配する優しい性格の自分が、直斗に心を惹かれたことで同性愛者なのではないかと思ってしまった完二。
直斗の本質を一番に感じ取ったのは完二なのですが、その辺を”真犯人”に利用されてしまったようです。
自分のシャドウを受け入れ、ペルソナ”タケミカヅチ”を手に入れた完二は、後日、特別捜査隊に参加することになります。

次回はどうやら禁断のカレー回、勇気のステータスも条件が揃っちゃってますので、おそらく食べてしまう方向になるようですが、果たして番長は”戻って”こられるのでしょうか!?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アニメ『ペルソナ4』 - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ペルソナ4「第7話 Suspicious Tropical Paradise」/ブログのエントリ

ペルソナ4「第7話 Suspicious Tropical Paradise」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。