僕は友達が少ない 7話

7話 携帯電話は着信が少ない_| ̄|〇
学校に登校する羽瀬川兄妹でしたが、あまりの暑さに家の中に戻っていく小鳩。
そういえば夏休みという設定でしたねw
小鳩の格好だとの熱中症になっちゃいそうなのですねw
なので、小鷹はそのまま一人で、隣人部の部室へと向かいます。

いつも通りの放課後あたりの時間帯に部室に訪れた小鷹でしたが、
すでに部員はあらかた揃っており、小鷹に遅いという夜空。
大体その場にいた人間は、昼ぐらいに来たと言ってましたが、よく炎天下の中登校してきましたね。。

いつも通り、昼食を用意する幸村ですが、小鷹は家で食べてきた為、
小鷹の弁当を待っていたマリアに、食事を用意してやってくれと幸村に頼みますが、
この一言がプロテイン地獄という悲劇を呼びます。。
ということで、今回のマリアはここで退場。

部活動(?)に来たり来なかったりと、自由極まりない部員の様子に、出欠を取る提案をする小鷹。
理科の携帯でとればいいという至極まっとうな提案により、アドレス交換することになる隣人部の面々。
携帯を持っていながらも、あまり使ったことがないため、赤外線通信も知らない小鷹と夜空。
普通に赤外線で連絡先を交換している理科と幸村と、それが出来ない小鷹と夜空は、結局手打ちでメアド交換することにw
カルチャーショックを受けている先輩達の様子に、1年しか違わないのにジェネレーションギャップを受け困惑する後輩たちww
この辺から小鷹と夜空のテンションがMAXになって行き、腹筋崩壊って感じでしたww

一人、携帯を所持していない星奈は、強がって携帯なんて必要ないと言ってしまいますが、夜空の標的になり小鷹と携帯で会話しながら連呼され、いつものように泣かされて部室を飛び出して行きます。
いつも通りえげつないイジメですね・・・

携帯がほしい星奈は、深夜に小鷹の家に電話をし、小鷹の携帯の機種を聞きます。
ていうか∀U(ターンエーユー)って・・・
そういえば、何で星奈が小鷹の家電知ってたのかと思ったら、親同士が友達でしたね。
父親から連絡先を聞いたと思われます。

小鷹と同じ機種(しかも同じ色。。)の携帯をゲットした星奈は、さっそく小鷹と赤外線通信(覚えたみたいですねw)で連絡先を交換。
当然面白くない夜空は、星奈からの連絡先の交換を拒否していつも通り泣かした後、小鷹から星奈のメアドを聞いて無限ループメールを送りつけます。
というか、やりすぎですね。。

泣きついてきた星奈をなだめる小鷹の様子を見ていた夜空は、眉をひそめますが、自業自得かと思われますね。

次回 スクール水着は出番がない\(^o^)/

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:僕は友達が少ない - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

僕は友達が少ない「第7話 携帯電話は着信が少ない_| ̄|○」/ブログのエントリ

僕は友達が少ない「第7話 携帯電話は着信が少ない_| ̄|○」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR