スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪るピングドラム 16話

16TH STATION 死なない男

傍若無人だった祖父の影に、いまだ怯え続ける夏芽真砂子の話。

日記を手に入れたと思われた真砂子でしたが、ゆりしてやられたことに気付きます。

今回出てきた新キャラ連雀は、冠葉の監視を命令され、プリンセス・オブ・ザ・クリスタルが展開したイリュージョン空間に突入。
まさか、こういう流れになるとは予測してませんでした。
普通に考えれば、プリンセスは警告をしたと思いますが、嬉々として連雀のあられもない姿を写真にとってましたねw

さて、祖父のせいで家を出て行ってしまった父。
残された真砂子とマリオは、祖父に怯える毎日を過ごします。
真砂子の祖父を様々な方法で殺害する夢オチは、もういいよとも言うぐらい様々なバリエーションで展開されますが、おそらくこれを毎日夢に見ていた真砂子がどれだけ祖父を憎んでいたかが表現したかったのではないかと思います。
しかし、現在の真砂子が、憎んでいた祖父と同じ性格と行動をしているのは皮肉ですね。。

その祖父も自らさばいたフグであっさり死んでしまいます。
マリオに乗り移ったと祖父に怯える真砂子は、毒入りと普通のふぐ刺しを食べほし生死の境をさまよう中、冠葉が企鵝の会の人間と一緒に行こうとするのを止めようとします。

どうやら今回の話は、真砂子の祖父への感情を利用した眞悧が、自分の目的のために、日記の半分をもっている彼女を自分側に引き入れるためにやったことと推測します。
真砂子は、おそらく桃果の生存している世界”運命の至る場所”と呼ばれる路線への乗換えを拒否。
眞悧とは袂をわけた形になりましたね。

すごくオブラートに包んで今後の伏線を入れてくるので、よく見てないとこのアニメ独特の演出に振り回されてよくわからない状態になってしまいますね。。今回もそんな話でした。


そして真砂子の回想で、子供の頃になぜ冠葉が屋敷内にいたのか?
その辺の謎も気になる所ですね。

NEXT STATION→17
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:輪るピングドラム - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

輪るピングドラム「16TH STATION 死なない男」/ブログのエントリ

輪るピングドラム「16TH STATION 死なない男」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。