輪るピングドラム 12話

12TH STATION 僕たちを巡る輪
16年前に事件が自分達のせいだと告げた晶馬。
彼らの両親はある組織の幹部で地下鉄でテロを起こした重犯罪者だったんですね。
きっと何者にもなれないとは、未来を閉ざされたものということだったんでしょうか?

タイムリミットが来てしまった陽毬。
晶馬は、再び倒れた陽毬を前になすすべなく、冠葉は命の一部をまた分け与えようとしますが、失敗します。

絶望的な状況の中、あの眞悧という青年が林檎を持って現われます。

今回で1クール目も終了です。
犯罪を犯す者たちがテーマの一つであるらしい今作ですが、まさか両親もそうだったとは、驚きましたが、同時に納得といった感じでした。

さて、ここまでで大体の謎は出てきましたが、2クール目に入ってどんな展開が待っているのか?
予想外の展開に期待したいところですw

NEXT STATION→13

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:輪るピングドラム - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

輪るピングドラム「12TH STATION 僕たちを巡る輪」/ブログのエントリ

輪るピングドラム「12TH STATION 僕たちを巡る輪」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR