ロウきゅーぶ! 12話

紗季をポイントガードに変えたと事で、反撃に転じた慧心女バス。

昴に教わったことを全部だし試合に臨みます。

最終話 僕の夢は君の夢
怒涛の攻めを見せる慧心に、本気を出してくる硯谷。
一進一退の攻防に昴は、ある作戦を展開してきます。

1センター4シューター
強力なセンターと精度の高いシューターという陣形で硯谷に挑む慧心。
まだ未完成だと分かっていながら、あえてこの場でその陣形を取らせる昴の采配が光るシーンですね。

徐々にスタミナが無くなって行く慧心は、体力面でジリジリと硯谷に押され始めます。
昴や葵は、本気でぶつかり合う選手達の姿を見て、改めてバスケのすばらしさを感じます。

バスケを諦めた智花は、仲間や昴のおかげで再びバスケが出来たことを、自分の精一杯を出すといいます。
真帆に勧められるまま始めたバスケがあまり好きではなかった紗季は、出来なかったことが出来るようになる楽しさを教えてくれたバスケを好きになります。
ボールに怯えていた愛莉は、練習を重ねることで、ちょっとだけボールが怖くなくなり、みんなとやるバスケを好きになります。
ひなたは自分が下手だということを分かっていたが、みんなが自分のことをあきらめないでいたことでずっとがんばれると言います。
真帆は、みんなでやるバスケはすごく楽しいといいます。
五人のバスケに対する思いを語らせながら、試合はクライマックスを迎える燃える展開で、ベタですが面白いです。
真帆がたたき込んだ逆転シュートをカウンターで返され、最後にボールを手にしたのは紗季でした。
放たれたボールがその後が、CM後というこれまたベタな展開。
結局、紗季のシュートは入らず、慧心は破れます。

昴は、紗季の最後のシュートを思い出し、これからまだまだやることがあると、試合後の初めての練習へと向かいます。
智花は、竹中に偶然会い、硯谷との試合で1点差で負けたことを褒められ驚きます。
落ち込んでいる紗季に、真帆はバスケは5人でやるものだといい、この間の試合の紗季はすごかったと言います。
ランニングをする愛莉とひなた。
それぞれが、敗北を受け止めていくなか、硯谷の初恵のもとに美星から謝罪と感謝の電話が入ります。
初恵はあの試合で昴から、バスケを楽しむという一番大切なことを教えてもらったといいます。
体育館の前に立った昴は、成長したメンバーたちに教えているつもりが色んなことを教えられていたといいます。

体育館に入った昴を待っていたのは、メイド姿の智花でした。
負けてしまったので何でも言うことを聞くと言う智花に、昴はジャンプシュートをお願いします。
さすがバスケバカ。最後までぶれがありませんw

現われたメイド姿の女バスのメンバーたちは、試合に負けたことで昴が落ち込んでいると考え、元気付けようとしたと言います。
昴はこれからのことを考えていたということで、元気がなかったわけではないといいます。
また頑張っていこうという昴。
まとまったと思いきや、やはりオチをつけなければ気がすまないのか。
マッサージをすると言い出したメンバーたちに囲まれている所を、葵と美星に見つかり、昴は強力な蹴りをくらい吹っ飛びますw

さて、原作がしっかりしていたのか、演出がよかったのか分かりませんが、良作にだったロウきゅーぶ!
原作はまだ続いていますので、2期があってもいいのではないでしょうか?
やるんなら五年女バスとの話は見たいですねw

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ロウきゅーぶ! - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR