輪るピングドラム 9話

時間は巻き戻り、始まりの時へ。

陽毬は、入院生活から解放され、

久しぶりにサンシャニー水族館に兄たちと訪れていた。

不思議なペンギンに出会った陽毬は、導かれた先で、

眞悧(さねとし)と呼ばれる青年と出会う


9TH STATION 氷の世界
「陽毬デー」
晶馬の提案で陽毬は、今日一日何をやってもいいといわれ、兄たちとともに池袋にある思い出の、サンシャニー水族館へと向かう。
ペンギンたちの妙に丸い不思議なペンギンを見つけた陽毬は、売店でもそのペンギンに遭遇し、逃げるペンギンを追ってエレベーターに乗る。
本来存在しない地下61階に向かった陽毬は、そこがいつもいく図書館だと気付く。

中央図書館「そらの孔分室」
図書館に入った陽毬はいつの間にか持っていた本を返却し、「カエル君、東京を救う」という本がないか聞くが、職員はないといい、自分で探すことにする。
一緒に本を探すペンギンに付いて行った陽毬は、本棚の間にドアがあることに気付き、ペンギンに導かれるままそのドアをくぐるとそこには果てしなく続く空間に書棚が並べられていた。
そこ、中央図書館「そらの孔分室」で、不思議な司書の青年、眞悧と出会う。

トリプルH
陽毬は、この分室がやけに広いことを疑問に思いますが、眞悧はここが運命によって選ばれたものしか入れないと語ります。
「カエル君、Hトリオを救う」と言う本を探し出した眞悧は、これが陽毬が探していた物語だと言う。
3年前、アイドルオーディションを受けようとしていた陽毬、ヒバリ、光莉(ひかり)の3人は、グループ名を何にするか迷っていた。陽毬は、3人の頭文字のHをとり「トリプルH」と命名することを提案する。

リボン
陽毬が探している本が、これではないと悟った眞悧は、次の本を提示する。
お揃いのリボンを母、千江美に頼んでいた陽毬は、色が違うといって癇癪を起こす。
その拍子に鏡台が倒れ、陽毬をかばった千江美は、顔に一生残る傷ができてしまう。

ともだち
この本でもないと悟る眞悧は、もっと奥深い場所にある本のところに向かう。
陽毬は、ヒバリ、光莉に母親に一生治らない傷を負わせたこと、「誓いのリボン」を手に入れなかったことを正直に話し、オーディションのビデオは2人で録ってと告げる。
しかし、2人はそんなことよりも、陽毬の母親が早く退院できるように何か出来ないかと言ってくる。
陽毬は、2人に感謝しつつ、ヒバリが提案した”鯉の生き血を飲ませて精をつけさせる”ため、中庭の鯉を捕まえにいく。
何とか鯉を捕まえた3人だが、教師に見つかり職員室に呼ばれる。
理由を聞かれ、黙り込む3人に担任教師は、家族を呼ぶと告げる。
互いに庇いあう3人の様子に、鯉は死んでいないため、厳重注意で3人を家に帰す。
帰り道、ヒバリと光莉に感謝の言葉を送る陽毬。
3人は友達だった。

消しゴム
眞悧は、この物語もお気に召さないと言って、陽毬が本当に読みたかったその続きを提示する。
最後に学校に行った日。
一人下校する陽毬のランドセルに消しゴムがぶつけられる。
振り向いた陽毬は、教室の窓にいるクラスメイト達の間にヒバリと光莉の姿を見る。
2人は陽毬から目をそらしていた。
それが2人にあった最後であり、2年後、彼女達はダブルHとしてアイドルデビューを果たしていた。
眞悧はなぜこの物語を探していたのかを聞く。
陽毬はもう終わったのだと言うことを確認したかっただけと言う。
あの時2人は自分の本当の友達だったから、今でも2人を応援しているという。
眞悧は、そんな心ばえの優しい陽毬が、あんなことになったのかというが、陽毬はわからないという。

運命
眞悧は、本当に物語は終わってしまったのだろうかと問う。
陽毬に、君の真実読みたいと欲する本があると告げ、物語はまだ終わったわけではないと言う。
眞悧は、”運命の花嫁に捧げる花冠”と呼ばれるペンギンを模した帽子を取り出し、陽毬にそれを被せ、彼女が問う花嫁の相手の答えは、「運命の至る場所」にあるという。
ペンギンの女王へと変身した陽毬は、眞悧の「君はその場所を知っている」と言う言葉を最後に落下していく。
眞悧から、最後に林檎を受け取った陽毬は、巨大な扇風機が回る中、”運命の人”とそこで出会った記憶を呼び覚ます。

そして、落下した先で霊安室に安置された自分の体を垣間見る。

事故
目を覚ました陽毬は、全てを忘れていた。
そこに苹果から電話がかかって来て、晶馬が車にはねられたことを知る。

さて、今回陽毬メインの話が展開されました。
ダブルHの話が出て、ヒバリと光莉が親友だったことがわかりましたが、肝心のなぜ2人の態度が変化したのかが、まったく描かれていませんでしたね。理由である陽毬が学校を辞めなければならなくなったことも、伏せられていたので、これから先の展開に必要な謎といったところでしょうか?
一つ気になったのは、プリンセス・オブ・ザ・クリスタルと言う存在があの場で確認されなかったことです。
もしかしたらそんなものはいないのかもしれませんね。
陽毬の”運命の人”夏芽 マリオも回想に登場し、真砂子との関係も気になる所で、1クールラストに向けてターニングポイントを迎えそうです。

NEXT STATION→10



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:輪るピングドラム - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

輪るピングドラム「9TH STATION 氷の世界」/ブログのエントリ

輪るピングドラム「9TH STATION 氷の世界」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR