BLOOD-C 9話

突如学校を襲ってきた古きもの!

クラスメイトが惨殺される中、

小夜は御神刀を抜き立ち向いますが・・・!?


9話 こころにも

小夜は、古きものと戦い何とかみんなを逃がそうとしますが、
クラスメイトは次々に殺されていきます。

隙をつかれ拘束される小夜。
古きものは人間が殺されていくことを憤る小夜のことを疑問に思いますが、
小夜は友人が殺されて怒らないわけがないと言います。
鞘総の機転で何とか拘束を解いた小夜。

屋上に逃げた優花たちは、古きものの襲撃に会い惨殺されてしまいます。
それを見た小夜は、赤い目が発動し、怒りに任せて古きものをただの肉片へと解体します。

唯一生き残った鞘総は、みんなを守れなかったと絶望する小夜を心配します。
そこに筒鳥が現われ、これはあなたが殺したのかと質問してきます。
限界に来ていた小夜はそのまま意識を失います。

自室で目を覚ました小夜。
落ち込む小夜のところに犬が現われます。
一緒にいてくれることを感謝する小夜ですが、犬からそろそろ終わりが近いことを告げられます。
小夜は誰と約束したのか?何者なのか??と問う犬は、答えが出る前になぜ何かに阻まれるのか考えてみろと言い残し、時真の登場とともに姿を消します。

時真は今日あった事件の事を聞き、小夜を心配しますが、そんな話をする中で、今日は学校にB組の人間しかいなかったことに疑問を感じる小夜。
あんな事件があったのになぜここに来られたのかと問う小夜を、時真は小夜が好きだからだと言って抱き寄せますが、唯芳が現われ、時真はその場を去ります。

自分の名前、学校の友達、担任、父親、それらの名前はわかるのに、母親の名前がわからないと唯芳に告げます・・!

さて、前半すさまじい残酷描写の戦闘シーンで、クラスメイトが古きものに殺されていく所は、慣れてない人にはトラウマものの展開だと思います。
ただこのようなシーンがメインなのではないという話でしたので、おそらくは小夜が人間を助けられないという部分が、重要な要素なのだと思います。

靄がかかった人間関係の中、一つの疑問に辿り着いた小夜ですが、ここから”決壊”が始まりそうな予感がします。

次回「ふくからに」
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:BLOOD-C - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR