スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様ドォルズ 9話

空張 恭助

巷を騒がした人形騒ぎに詩緒や匡平が関わっていると見て、密かに関していた刑事。

今回は、直接、詩緒に接触してきます。

9話 因縁の渦
喫茶店で詩緒と問い詰める恭助ですが、慎吾のフォローで何とか切り抜けます。
久羽子の父親ですが、自分興味のあることに以外何の頓着もしないような言動に親子であることを感じますねw

その頃、当の久羽子は、日々乃の心配も関係なしに阿幾と同居していた。
奇声を上げながらメイド服姿で、警視庁にデータベースに不正アクセス姿は、まさに変人!
この親子は一般人なのにキャラが立ちすぎですねww

「メトネル」を訪れた靄子は、玖吼理のメンテナンスを行います。
ここによったのはついでだと靄子は言います。
靄子は、武未禍槌との戦いの際に玖吼理の左手を開けたか聞いてきますが、詩緒はよく覚えていない様子。
玖吼理の左手を開いたのはここ数百年で匡平だけといい、同じく左手を使った詩緒の隻としての評価を上げます。

匡平と日々乃が帰宅し、靄子はこちらに来た事情を話します。
武未禍槌の修理が終わってすぐに使おうとしたため、ダメだしをした所、一緒に来てメンテナンスを続けろと勾司朗に言われ半ば無理矢理とのこと。
どうやら桐生のことも知っているらしいですね。
日向の党首がいかれていることは、公然のことのようなので、跡目である勾司朗への期待は高そうですね。

桐生からの伝言や、由良子からのプレゼントなど、今回はAパートから踏んだり蹴ったりの靄子は。
由良子人形は確かにいらない感じではありますねw

渋谷や原宿の案内を頼む靄子は、デリカシーのない発言をした匡平を殴り飛ばします。

靄子は阿幾探しの事を聞きますが、匡平は1度ニアミスしたときのことを話します。
自分が扱っている物が、好意を持っている人間に破壊と殺戮しか生み出さないと評されたのは結構きついですね。
桐生のことを尋ねる靄子に匡平は、その存在に困惑気味だと答えます。
なんとなく不思議なのは桐生は、詩緒には絡んできますが、匡平にはあまりそんな様子は見せないのはなぜなのでしょうか??
それでも、弟だと言うことで、体に気をつけるように伝言を頼む匡平。

空守村の情報を手に入れた久羽子は、6年前の事件に言及し、落石による死亡届けが出ているにも拘らずニュースにもなっていないことなど、きな臭い村の疑問を阿幾にぶつけてきます。
久羽子の挑発を冷たくかわす阿幾ですが、基本、匡平以外はほとんどどうでもいい存在だと思っている節があります。

突然現われた恭助にとっさに阿幾に隠れるように言う久羽子。
すき放題動き回る父親に嫌悪感丸出しですが、はたから見ると同族嫌悪にしか見えないのですが・・・

匡平の呼び出しを受けた勾司朗は、桐生のことや日向が何をやろうとしているのか質問されますが、その辺ははぐらかします。
日向の動向が気になる匡平の姿に、警告に見える気遣いをする勾司朗のような人が本当の大人の姿、なんでしょうね。。

桐生が詩緒に会いたがっていたことを告げ、勾司朗は去ってきます。

匡平は、勾司朗に言われたことをきっかけにして、今の立場から自分になにが出来るのかを模索します。
また、スオーに日々乃への告白を邪魔された匡平ですが、原作でも今だちゃんと告白してないとかで、この分だと最終話まで告白できなさそうな感じですねw

その頃、阿幾は、昔、千波野と話した”どこか遠い場所”東京を見て、改めて村への憎悪を滾らせます。
村を跡形もなく破壊するのが、目的だと言いますが、それには匡平の持っている力も必要ということでしょうか??
阿幾の前に現われた久羽子が、下山を連れてきた目的は何なんでしょうね?

匡平は、勾司朗に桐生と遭えるようセッティングをします。
桐生は詩緒にもうケンカは売らないと誓いますが・・・・
その声を遮り、現われたのは・・・!

さて、とうとう日向 まひる登場ですw
天照素の件で命を救ってくれた匡平を慕っているまひる。
来週は状況をひっかき回してくれそうですね。

次回「美姫、繚乱」


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:神様ドォルズ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。