ロウきゅーぶ! 8話

昴を尾行し、慧心学園までついて来てしまった葵。

そこで女バスの指導をしている昴を見つけた葵は、

何をやっているのか問いただそうとしますが・・・!?


8話 「転生への階段」
葵をつれて外に出た昴は、なぜこんなとこにいるのか聞きます。
逆に葵に小学生相手に何をやっているのかと言われ返答に困るが、そこに美星が現われる。

練習風景を見ながら、美星から大体の事情を聞いた葵は、今の昴に小学生女子の指導をさせることに難色をしめしますが、美星は昴はもう立派な女バスのコーチだと言います。
葵の目に一人違う動きをする智花の姿が写ります。

練習が終わり、テスト勉強をさせるため、昴を帰らせようとする葵に、愛莉が駆け寄っていきますが、葵を前に何もいえなくなってしまいます。葵は練習中、愛莉がゴールしたに入らないことを質問しますが、昴はそれを遮り、愛莉にどうしたのか聞きますが、
愛莉は、挨拶だけして去っていきます。

美星の車で帰る中、葵は昴にちゃんとテスト勉強をするようにと釘を刺します。
今週末、テストに向けて猛勉強してもらうと告げる葵の言葉に、土曜日に水泳の練習をやる約束をしたことを思い出す昴は、言いよどむが美星のフォローで、ホテルで勉強することにしてもらう。

その頃、智花たちは、葵が昴の彼女ではないかと噂します。
愛莉はこのまま昴がどこかに行ってしまうと感じ、不安を覚えますが、紗季は昴は卒業まで練習を見てくれると言ったので大丈夫と言います。

家に着いた葵は、昴に愛莉になんでポストプレイをさせないのか聞きます。
昴は愛莉が怖がりな部分を持っていて、身長にもコンプレックスを持っているため、今はセンターをやらせる時期ではない考えてのことだと言います。
葵は昔センターをやっていた中学時代、身長差がある相手からゴール下を支配されていたことを思い出します。

葵のことが気になって練習に身が入らない智花は、彼女が嫌がるかもしれないので練習に来ない方がいいかと尋ねます。
昴は葵は幼馴染なので彼女ではないと言い、智花と朝練するのは大事な時間だと言い、これからもよろしくと言います。

葵が昴の彼女ではないと知って上機嫌の智花は、さっそく学校でみんなに報告し、これからも練習に来てくれると安心しますが・・・

葵は、柿園と御庄寺に昴の勉強は、美星が見ることになったことを報告する。
中学時代、準優勝に終わったバスケを、今度は七芝に入って全国に行くと宣言した昴のことを思い出し、葵はあのことを忘れてしまったのかと不安に思う。
葵はテスト対策用のノートを持って昴の家に行くことにします。
しかし、おそらく、七夕に何処に言っているかを聞いた葵は、激怒しながら三沢家に乗り込みます。

水泳の練習の前に葵が現われ、プールに蹴り飛ばされる昴。
葵はバスケの練習なら分かるが、水泳を教えるのは間違っていると言います。
昴は愛莉に水泳を通して自信をつけてもらい、それがバスケにつながると主張します。
葵は自分の勉強もそっちのけで、水泳の練習にも付き合う昴のお人よしは重症だといい、無理矢理帰らせようとします。
しかし、帰らないという昴に葵は、自己管理も出来ない人間がえらそうなことを言うなと言います。
女バスのみんなが止めに入り、昴を連れて行かないでといい、葵の前に立ちふさがります。
昴はそれを聞き、女バスのみんなが自分にバスケへの情熱を取り戻してくれたと言います。
昴はコーチをして経験したことは来年バスケ部を立て直す時に役に立つと告げ、葵に引いてくれるよう頭を下げます。
同じく女バスのみんなも頭を下げる中、葵は、明日昴をかけてバスケで勝負することに告げる。

葵は、柿園と御庄寺に声を掛け女バスとの勝負に臨みます。

翌日、なぜか水着でバスケをすることになった試合は、先に10点先取したほうが勝ちのルールで始まります。
女バス側に先制を許したが、葵はゴールを決めた紗季に声を掛け、始めた時期を聞き、2ヶ月でこれだけの成長をしたことを感心します。
ドリブルでゆっくり立ち上がる葵は、智花を抜き去り、ゴール下の愛莉にプレッシャーをかけてみますが、怯える愛莉の縮こまったプレイに眉をひそめます。
その後、パスカットしてカウンター決める智花の前に、葵は立ちふさがり、みんなに自信のもとは智花だと言う。
智花は、昴に教えられたことを全部出すと言って、バックロールターンで葵を抜きさってシュートを決める。
葵はタイムアウトを取り、流れを変える為、ある作戦を決行します。

智花にプレスをかける葵はマジで行かせてもらうと言い、ドリブルを中心とした戦略に変えてきます。
昴の指導の隙間をついた葵の読みがあたり、どんどん点差が開いていく。

昴はタイムアウトし、もう一度作戦を練るが、そこに葵が現われ、まだ智花に自分をマークさせようとする昴の作戦に疑問を投げかける。葵は智花の才能を褒めるが、身長差があるため、今はまだ自分には勝てないことを告げます。
葵は自分を止めるには同じ身長の人間ではないとダメだと、愛莉を見て言います。
もう一度自分達にとってバスケはなんなのかしっかり考えてといって去っていきます。
葵の言葉を聞き、昴は愛莉に無理はしなくて言いと言います。
しかし愛莉は昴とお別れしたくないといい、愛莉の言葉を聞いた昴は、葵を止めてくれと頼みます。

試合が再開し、葵に3人でディフェンスにつく真帆、紗季、ひなたを指導をしながら抜きさります。
ゴール前で智花が付きますが自分には葵のシュートは止められないと、愛莉とともにディフェンスをします。
今だ腰が引けている愛莉を挑発するかのように体を入れてくる葵は、昴は連れて行かれたくなければ、バスケへの思いが本物だと証明してといって愛莉を抜きますが、必死でくらい着いた愛莉のブロックでボールは弾き飛ばされます。
そのままもつれ合って倒れた2人に、昴たちは駆け寄ります。
愛莉は、葵に謝りますが、葵はすごいブロックだったと言って、愛莉ならばみんなを支えられるセンターになれると告げます。
葵たちはそのまま引き下がり、昴がちゃんと勉強することで決着が付きます。

プールで愛莉のフォームを見る葵に、男の自分ではどうしても指導できないところがあったことを告げる昴。
指導にかこつけて触ったらダメだという葵に、昴は最初から・・・と呟くが、その言葉を飲み込みます。

そして、その後、愛莉の水泳と昴のテストはともにうまくいきます。

さて、今回葵に小学生の指導をしていることがバレ、ドタバタ的な修羅場が始まると思いきやそれは最初だけで結構リアルな言い合いしてましたね。
Aパート最後で確かめたいことがあると言った言葉通りに葵は、試合において女バスの実力を確かめていき、そこに確かに昴が残した指導の痕跡を感じます。
葵はその昴の指導の穴を埋めるかのように、彼女達の足りない部分を昴とは違う、厳しい態度で体を張って教えていく姿は、
かなりの説得力があり、今回の見所でした。
葵が特に注目したのは、智花・・・ではなく身長が高い愛莉でした。
中学時代のエピソードでセンターでありながらゴール下を支配されてしまった自分とは違い、昴とほぼ同等の身長がある愛莉に背が高いことはバスケをやるものにとって一種の才能ということを教えたかったのではないかと感じました。
今回も愛莉や葵を中心にキャラの掘り下げ方が絶妙で引き込まれましたねw
やっぱスポーツアニメは最高だぜ!

次回「自由への併走」




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ロウきゅーぶ! - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR