スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンタリアンの書架  #6 第7話

Extra Episode 01

”焚書官”ハル・カムホートと”銀の読姫”フランベルジュの物語。

7話 焚書官
平和で活気ありそうな街の様子を見ながらバイクを飛ばすハルとフランは、警察官メイベルと知り合いになる。
ハルはこの街に少女と若い男の2人組がいないかと尋ねる。
少女は胸に錠前を付けていて妙な本を持っているという。
メイベルは知らないと言い、宿を探すハルたちを自分の家に招く。

酒場で夕飯を仕入れたメイベルは、町の人間に慕われているようだった。
娼婦達が多いことに疑問を抱くハルだったが、戦争中は、兵器工場に来た軍の関係者や出稼ぎ労働者がおり娼婦達はその人間達を目当てに集まってきたという。
ハルはこの街で終戦後に80人の行方不明者が出ていることを告げるが、メイベルはそんなことはないと言う。
ハルは失踪しているのは、旅行者や商人などの行きずりの人間だと言いますが・・

メイベルの家に着いた2人は、祖父母達からは歓迎を受けるが、妹のパティから帰れといわれる。
ハルは、パティが自分達のことを嫌っているという”感情”があるといいます。

夜、一人調査に出かけたハルは、立ち入り禁止と書かれた先に赴き、そこに火災で崩壊したと思われる街を発見する。
そこで、娼婦と出会うが、なぜ人気のない所で客引きをしているをしているのかと質問した所、突然襲い掛かって来られる。
バリツという日本の格闘術で、叩きのめしたハルは、それが人形だったことを知る。

明け方、メイベルの家に戻ったハルは、自分のことを”メイベル”と呼ぶ彼女の祖父母たちを尻目に、自分達にあてがわれた部屋に戻ると、フランがパティと一緒に寝ていることに気付く。
ハルは起きたパティに前にも泊まった人間がいたことを聞き、その人間は帰っては来なかったことを知る。

兵器工場に向かったハルとフランは、そこで人形が製造されていることを知る。
東洋の式神という魔術で、人形達は動いていると推察する2人。
人形が人形を作っているという光景を見ながら、ハルはこの街の住人が人形に置き換えられているという。
なぜそんなことをすると質問するフランに、本人に聞けと告げたハルの指し示した先に、メイベルが立っていた。

メイベルは戦争で焼け落ちていく街を見ながら泣いている所に、青年と少女の2人組が現われ、少女から幻書を渡される。
式を操る失われた道教の経典だというフラン。
メイベルは滅びかけた街を救う為と称し、人形達で死んだ人間達を補強する。
家族や知人が帰ってきた街の人間も歓迎してくれたという。
街の入り口を変え、戦争で廃墟と化した街を隠し、見てみぬフリをしてきた。
メイベルは、平和だった頃を取り戻した事の何が悪いと告げますが、ハルは単純な命令しか実行できない人形達は、処理が仕切れない事態に陥った時、原因となったものを排除しようとするといい、旅行者などの失踪の原因はそれだという。

ハルはそのことに気付いていなかったメイベルに、それが過去の幻影を守ってきた結果だと告げる。
しかし、今更やり方は帰られないと言うメイベルは、人形達をハルにけしかけて来る。

「壊れた読姫(ロング・ロスト・ライブラリ)
我は問う、汝は人なりや?」

「否、我は天――堕ちた天なり」

人形達の数が多い為、苦戦するハルたちだが、フランの”書架”を解放し、幻書を取り出す。
読む時間など与えないというメイベルに、誰が読むといったと告げ、杖に幻書を装填し焚きつけにすることで魔力の炎を生み出し人形達を焼き尽くす。
メイベルは自身の幻書を焼こうとするハルに、スルトの災厄の杖を振るい続けるのなら、ハルも同じく神話の巨人族のように自らの生み出した炎で滅びることになるというが、ハルはそれが焚書官の運命(さだめ)だと言い、メイベルは炎に包まれる。

街では、幻書の力を失った為、住人達の大半はただの人形に戻っていた。

メイベルの家に戻ってきたハル達を出迎えたパティは、ハルにメイベルから幻書に食われた精神部分だけを焼いたと聞かされ、目を覚ましても”読姫”と出合った時からの記憶を全て失っているという。

お姉ちゃんが大好きだったこの街の姿は、
私は絶対忘れないから!

去っていこうとするハルに、礼を言うパティは、姉や残った住人は長い夢から覚めたが、自分達は大丈夫だと告げる。

さて、今回はヒューイとダリアン以外の鍵守と読姫が登場しました。
ハルたちは焚書官というその設定にもよるのですが、前回、前々回のヒューイたちより戦闘において能動的に動いていて、よかったように思えます。
主人公交代・・・?・・・は、ありえませんが、もう少しヒューイ達のエピソードの時の演出を考えた方がいいのではと思います。

次回 調香師
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ダンタリアンの書架 - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。