神様ドォルズ Seg.56 「阿幾と靄子」

9巻の続きが見たくてサンデーGX9月号購入してしまいました。

日々乃を助け出した匡平は、蒼也たちが桐生もろとも天照素を葬ろうとしていることを詩緒に伝えようと靄子の工房に向かいますが、すぐに追っ手がかかり、匡平は拘束され、崖から滑り落ちた日々乃は、匡平からの伝言と伝える為に崖を下って逃亡します。

案山子の整備がひと段落着いた杣木の工房で、靄子は阿幾に再会します。

天照素の尾行を続ける紫音は、遠距離からの攻撃で、すでに見つかっていることが分かり、戦闘が開始されます。

座敷牢に放り込まれた匡平は、そこがかつて阿幾が幽閉されていた場所だと気付きます。

久羽子たちはお社へと向かう途中で、気を失った日々乃を発見します。

まひるは、重症の体を押して桐生を助けようと外に出てきた勾司朗と再会する。

詩緒は玖吼理改アサルトに乗り、天照素のもとへと急ぐ!


月刊 サンデー GX (ジェネックス) 2011年 09月号 [雑誌]月刊 サンデー GX (ジェネックス) 2011年 09月号 [雑誌]
(2011/08/19)
不明

商品詳細を見る
勾司朗は、無理をして出てきたところにまひるに遭遇する。
桐生との約束”生まれてくる赤ん坊のお兄ちゃんになる”という約束をかなえるため、宇輪砲で天照素のもとへ向かう。

一方、久羽子に助けられた日々乃は、下山の助言で匡平の家が近いことと聞き、そこへ向かう。

かつて阿幾が幽閉されていた座敷牢で、壁に刻まれた匡平や暗密刀の名前や恨みのこもった文字の他に、”チハヤ”と刻まれた文字を発見する。

その頃、阿幾は、暗密刀にかけられた封印を解いてもらおうと靄子の元を訪れていた。
阿幾に特別な思いをもつ靄子は、東京で買った服を着て阿幾の前に出る。
封印解除の催促をする阿幾の言葉に、阿幾が犬と無邪気に戯れていた時の光景を思い出す靄子は、ともに罪を重ねても一緒にいたいとう願望とは裏腹に、阿幾の願いを否定する。
※阿幾への思いと、器師として過ごしてきた経験が、大人になった靄子の心にブレーキをかけたようにも見えるシーンです。
忘れられない思い出と現在の立場に板ばさみになった靄子の苦しみが伝わってくるシーンですね。

天照素の猛烈な攻撃を受け、防戦一方の紫音は、暁、蒼也と合流。連携して追い込むが、天照素の足から発射された散弾らしき攻撃に翼をやられた迦喪建角は、強力な一撃をくらいそうになるが、直前で現われた玖吼理に助けられる。

大人たちがしがらみに縛られる中、”弟”を助ける為、”お姉ちゃん”はがんばりますw

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:神様ドォルズ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR