スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STEINS;GATE「シュタインズ・ゲート」 19話

4年前

少女は死のうとしていた。

ビルから飛び降りる直前、彼女はあるメールを受け取る。

”ラウンダー募集”

少女”桐生 萌郁”は、そのメールに返信をした。

19話 無限連鎖のアポトーシス
-Endless Apoptosis-

8/15 20:03
まゆりの死の時間が近づくたびに恐怖に駆られる岡部は、まゆりの気遣いにもそっけない態度をしめし、見かねた紅莉栖は、岡部を屋上に連れ出す。
まゆりへの態度に怒る紅莉栖に再び事情を説明するしかないと感じた岡部だったが、何度も繰り返してきたこの作業に自嘲の笑みを浮かべる。

忘れないで
あなたはどの世界線にいても一人じゃない
私がいる!

これまでの経緯を説明した岡部。
まゆりの死は、Dメールを打ち消すたびに1日づつ伸びていくことが分かった。
岡部はおそらく16日にまゆりが死亡すると予測し、一緒にコミマについていくと言う。
この世界線での正確なデッドラインが知りたいと言う岡部。
見た目冷静に語る岡部の姿は、まゆりの死に慣れてきてしまっているようにも見えますが・・・
紅莉栖は、それを見届けた後再びタイムリープするという岡部に、自分がコミマに行くといい、岡部に萌郁の所にいくように促す。
岡部はそれは紅莉栖がまゆりの死を見届けると言うことで、否定しようとしたが、何かあったらすぐに連絡するという紅莉栖は、なんでも自分に話してくれと言い、岡部は紅莉栖を信じてこの件をゆだねることにする。

8/16
予定通り紅莉栖はまゆりとコミマへ。
岡部は萌郁のバイト先であるアークリライトをネットで探し出し、萌郁の住所を聞き出し、そこに向かう。

萌郁のアパートは、警察の車輌と野次馬が取り囲んでいた。
警官の一人に聞くと、萌郁が昨日の夜自殺したということを聞く。
ショックを受ける岡部は、このままではまゆりを助けることが出来ないと思い、萌郁が死ぬ前にタイムリープすることを思いつく。
しかし、思いとどまり、ラボにて紅莉栖の連絡を待つ。

8/16 19:52
泣きじゃくる紅莉栖の連絡を聞き、この世界線のまゆりのデッドラインを確認。
紅莉栖に謝罪をし、タイムリープする。

8/11 17:36
プリンを食べてしまった岡部に悪態をつく紅莉栖。
タイムリープする前の紅莉栖の言葉を信じ、自分はタイムリープしてきたことを告白する。

※岡部は基本的に自分ひとりでことを解決できるのならば、仲間を巻き込まないスタンスでいるため、なるべくならば紅莉栖が関わるのもよしをしませんでしたが、自分を信じてという紅莉栖の言葉を聞き、即、彼女に事情を説明したことから思い切りこの件に巻き込むことに決めたようです。
岡部の中でまた紅莉栖の存在が大きくなったわけですが・・・

萌郁のアパートに向かった岡部は、真っ暗な部屋の片隅で、延々とFBからのメールを待ち続ける萌郁を発見します。
呼んでも返事のない萌郁から、無理矢理携帯を奪い取ろうとする岡部。
萌郁の携帯を捕られんとする激しい抵抗にあうが、何度もまゆりを殺された岡部の怒りが爆発し、彼女を殴り倒して携帯を奪い取り玄関から外へ出る。
背中越しに半狂乱になりながら玄関のドアを叩き続ける萌郁を尻目に紅莉栖に連絡を入れ、電話レンジと45型の起動を確認後、萌郁の携帯から機種変をメールを打ち消すDメールを送る。
しかし・・

リーディング・シュタイナーが発動しない!!
Dメールを送ってもリーディング・シュタイナーが発動しないことから、焦る岡部は、萌郁の携帯電話が機種変されていないことを確認し、彼女が直前でメールの内容を変えたことに気付き愕然とする。
該当する着信履歴を探そうとした所で、萌郁の激しい攻撃で破壊されそうな勢いのドアを、タイミングよく開け、飛んできた机をスルーし、鬼の形相で仁王立ちしている萌郁に突っ込み馬乗りになる。
隣の住人が来た為、助けを呼ぼうとする萌郁の唇を奪う岡部。
唇を噛み切られ、痛みをこらえながら萌郁にDメールの件を問いただす岡部だが、IBN5100とラウンダーに関することになると、彼女は口をつぐんだまま、携帯を返してほしくないのかと言う岡部にFBは裏切れないと言う萌郁。
岡部は、萌郁がFBに捨てられたことを告げ、4日後、FBからの連絡を待ちながら自殺すると告げる。
それを聞き泣きじゃくる萌郁を横目に、着信履歴を調べる岡部は、彼女に謝罪する。
FBの事を聞く岡部は、萌郁が直接FBに会ったことがないことを知る。
FBは、居場所をくれたという萌郁の言葉を聞き、今は”なかったこと”になってしまったラボでのまゆりたちとの交流を思い出す。
着信履歴にIBN5100が柳林神社にあることが書かれたメールを発見。
これを打ち消すDメールを送るが、今度もリーディング・シュタイナーが発動しない。
岡部は、萌郁に影響力のあるFBの携帯からでないと、駄目だと言うことに気付き、FBを探すことにする。

萌郁にFBを探すことを告げ、あくまでFBに依存し続ける彼女に、まゆりを救う為、世界に抗い続けることを告げ去っていこうとする岡部。

萌郁は、ダイビル前のコインロッカーにIBN5100があることを岡部に告げる。

さて、19話はラウンダーである萌郁との話でしたが、わかっちゃいましたが、かなり衝撃的な展開でしたね。
馬乗りになって萌郁を押さえつけるオカリンはレ〇プ犯にしか見えません・・
原作ではこのシーンはもうちょっと長かったようですが、アニメ版では短くなっていることがよかったのか悪かったのか・・・
岡部はFBの正体を探る為、萌郁がしめしたダイビル前にコインロッカーに張り込みます。

・・・次回も”痛い”話です

次回 怨嗟断絶のアポトーシス

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Steins;Gate/シュタインズゲート - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Steins;Gate「第19話 無限連鎖のアポトーシス」/ブログのエントリ

Steins;Gate「第19話 無限連鎖のアポトーシス」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。