神様ドォルズ 6話

「空守村」

玖吼理の修理の為、一時帰省した匡平と詩緒。

帰ってきた子供達を母、日都美は出迎えます。

母の膝の上で村を時間が止まっているかのようと言った詩緒。

しかし、その裏では、案山子を中心とした様々な思惑が動いていました。
父親の下を訪れた匡平。
詩緒そっくりの少年のことを改めて聞きますが、父、泰之はやはり知らないといい、どうしても知りたいなら親父や兄貴に聞けと言います。
逃げるのかという匡平に、お前も詩緒に全てを押し付けて逃げただろうと反論され、何も言えなくなってしまいます。

父親を罵倒する言葉を吐きながら廊下を歩く匡平をたしなめる日都美。
この人が一番しっかりしてますね。
日都美は、器師の杣木家から、すぐに来る様にという言伝を伝えます。

杣木 靄子(そまき モヤコ)登場です。
器師の頭領であるおじいちゃんwの声が小さい為、変わって彼女がその言葉を伝えますが、下品な言葉そのまま伝えてしまう為、日々乃や詩緒は、顔を真っ赤にします。

妹の杣木 由良子(そまき ユラコ)は、詩緒LOVEなため、出てきて早々いやがる詩緒を無理矢理抱きしめますが、怒って止めに入った日々乃と一触即発になります。

案山子同士の戦闘で玖吼理を壊してしまったことを怒られますが、修復はしてもらえることになります。

工房へと向かった匡平たちは、そこで武未禍槌を発見します。
由良子は、日向側が悪いと言いますが、靄子は、どちらの家にも肩入れしないで、ただ案山子を修復するだけとたしなめます。
武未禍槌の隻にあったか聞く匡平に、持って来たのは勾司朗だという靄子。
逆に何か知らないかと質問され、匡平は言いよどむ。

しっかりしてきた幼馴染の靄子を褒める匡平と、その様子を眺める日々乃のシーンですが、ワリと色んな意味取れそうな、微妙なシーンだと思います。

カムノチ
空守村近隣の植物群から採れる樹脂の混合液という話ですが、人の精神に働きかける特殊な性質があり、案山子の駆体に浸透させて、隻は案山子を操ります。
その原生林があるという靄子は、そこに誘いますが、匡平は拒否、日々乃と2人でいくことになります。

阿幾のことを聞く靄子に、あいかわらずだったという匡平。
日々乃は、このやり取りも見ていますが基本的に、僕らの視点と近いため、ほぼ彼女の主観で話が進んでいくようです。
次のシーンにその様子が強く見て取れます。

靄子の案内で森に向かった日々乃は、木々同士が連絡を取り合ってインターネットのような情報伝達が行われていると説明される。高いレベルでこの森の木々と感応する精神波を持った能力者が隻として選ばれると言う。
さらに森に入ってしまえば人間もネットワークの一部として認識され、図らずも日々乃は、犬を連れた白い髪の少年の姿を垣間見ます。
綺麗で悲しいと評されたその光景は、靄子の記憶だったのでしょうか?

枸雅家のお館、枸雅 清方(くが キヨカタ)に今回の件を謝罪する詩緒。
清方は、桐生は間違いなく詩緒の双子の弟だと言う。

その頃、自宅に桐生を招いた勾司朗は、風呂に入る際に、体に虐待されたと思われる傷跡が無数にあるのを確認する。
枸雅の家で大切に育てられた詩緒に、怒りと嫉妬を表す桐生。
桐生に食事をすすめる勾司朗のぶっきらぼうな優しさが染みますね。

2日後、修理の終わった玖吼理の慣らしをする一同。
詩緒の股を鷲づかみにする靄子が親父すぎです。。

休憩中、靄子や日々乃に年下の兄弟に対する態度について聞く詩緒。
桐生がはっきりと弟と分かった為、色々考えているようです。

工房からの帰り道、飛んで帰ろうと言う詩緒の提案で、玖吼理に乗って帰ることになったが、案山子に乗っての移動に慣れていない日々乃は、あまりの高さに怯えます。
さらに、桐生のことを思い出して集中を乱した詩緒のせいで落下、助けようとした匡平に上着をつかまれ、落ちそうになっている詩緒にパンツをつかまれ半裸の状態になって緊急着陸します。
土下座する枸雅兄妹に諦めムードの日々乃。

日々乃は、匡平とともに史場家の墓を訪れる。
父親に聞いてもはぐらかされるので、この機会に先祖の墓参りをしたようです。
多分被せてきたのでしょうがちょうど旧盆が近く、タイムリーな話ですね。

聞いてもいいくらいは、
関わっちゃったと思うんだけど・・

突然の雨に雨宿りをする2人。
日々乃は、阿幾と過去に何があったのかと聞きます。

匡平は、先生とは誰か問う日々乃の言葉に、6年前の出来事を思い起こします・・

村にやって来た、瀬能 千波野(せのう チハヤ)・・・

次回「追憶の肖像」
来週は痛い話になりそうです。。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:神様ドォルズ - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神様ドォルズ 第6話「空守村」

匡平たちの故郷・空守村。 時が止まったような静かな場所…。 詩緒ちゃんは母にまだ甘えたい年頃ですねw 匡平の方は父に 桐生のことを尋ねますが…。 ▼ 神様ドォルズ 第6話「空守村」  知ってることはないと匙を投げてる父で。 自分の子といえ、どうにも?...

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR