スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪るピングドラム 4話

4TH STATION 舞い落ちる姫君

今回は珍しく生存戦略なしですw

苹果は陽毬と弁当作りをしますが、

結局、晶馬に手伝ってもらって重箱を完成させます。

その弁当を持って、多蕗と野鳥の会に行くと言いますが・・・
苹果が持っているというピングドラムの手がかりを得るため、晶馬は野鳥の会に(いやいやながら)ついて行きます。
冠葉は野暮用(女)で、別行動。
苹果は、朝のニュースで言っていた逃げたスカンクにオナラを浴びせかけられたため、晶馬の服と取り替えさせます。
伏線貼っていたとはいえ強引ですね~w

多蕗と二人だけ(晶馬は空気)だと思っていた苹果は、時籠ゆりもこの会に誘われていたことに驚きます。
多蕗は、ゆりを古い友人といいますが、まあ完全彼女です。

その頃、冠葉は詳細不明の呼び出しメールによってファミレスに来ていた。
てっきりピングドラムのことだと思ったら、そこに現われたのは昔付き合った、久宝阿佐美(他2人)でした。
「倉冠葉恋愛被害者の会」を結成したとのこと。

苹果は、日記に記載された12時半に昼食、という未来の通りにすれば、挽回可能とまずは弁当に関する運命を実行しようとしますが、スカンクの悪臭が移るのを防ぐべくベンチにおきっぱなしにしていた為、カラスの餌になってしまいます。
ゆりは余り物でつくったという弁当(仮)を持参してきた為それを食べることになります。
とりあえず、12時半に(ゆりの)弁当を食べたということで、予定通りということに。

ちなみに妄想の間に話が進んでいたよう虫に刺されたゆりのために、多蕗は薬局に無私さされの薬を買いに行ったようです。
その間、ゆりと二人きりになった苹果は、カレーの件がばれていたことに気付く。ゆりは2人だけの秘密にしておくと言いますが、完全に牽制していますね。

ゆりに「あなたに勝ち目はないと言われた」苹果ですが、4時にキスすると息巻いて池のほとりの手すりに乗ったところを、再びスカンクの襲撃に会い、池に落下して溺れます。
多蕗はゆりとそれに気付かず言ってしまいます。
・・・・2号・・・www

溺れているのを助けたのは、晶馬でしたが苹果はそれに気付かず、多蕗が助けてくれたと思い、運命は成就したと勘違いします。

つまり・・・
アス〇ン(石田彰)が関わると、
ディスティニープランは失敗するということですねw


久宝阿佐美は、何者かに連絡を取り、今日の件を報告する。
次の手は打ってあるという"助言者”。
疑問に思いながらエスカレーターを降りる阿佐美は何者かに突き落とされます。
突き落とした人物は、苹果と衣服が違いますね。

日記が2冊あるという可能性もありますが、苹果の日記の内容を知っているものがいるという風にも考えられます。
まだその目的は不明です。ピングドラムと関係がありそうですが、助言者は別の目的で動いている感じもします。
まだ4話が終わった段階なので、これから徐々に明らかになっていきそう。

NEXT STATION→5





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:輪るピングドラム - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。