スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STEINS;GATE「シュタインズ・ゲート」 15話

タイムトラベラー、ジョン・タイターだと名乗る阿万音鈴羽。

2036年から来たという鈴羽の語る未来の世界とは?

15話 亡環上のネクローシス
-Missing Link Necrosis-

鈴羽が来た2036年の世界は、SERNに支配され、ディストピアと化していた。
鈴羽はそれに抵抗するレジスタンスに所属していて、彼女はその未来を変えるため父親の残したタイムマシンで過去にやってきたと語ります。

紅莉栖と岡部
タイムマシンの開発に成功したSERN。
その開発に最も貢献した者として、紅莉栖は未来の世界で崇められていたという。
一方岡部は、SERNにテロリストとして認識されており、鈴羽は2人とも2036年には死んでいると伝える。

鈴羽はSERNが世界中に展開している通信傍受システムで捕えられていた最初のDメールを消去するれば、未来は代わると言います。
その為には、SERNにハッキングができるIBN5100が必要であり、鈴羽の使命は1975年に行って、IBN5100を手に入れ、岡部に託すことだと告げます。

鈴羽はタイムマシンを起動させ、過去に跳ぼうとしますが、故障していたため失敗してしまいます。
その時、侵入がばれたのか警備員が現われ、岡部はとっさに囮になり、彼らをひきつけます。

未来じゃどうだったか知らないけど、
今の私はあなたと同じラボメンなのよ!

紅莉栖は、タイムマシンの故障にショックを受けて動けない鈴羽を叱咤し、逃げるよう促します。
※紅莉栖の言葉と差し出した手をがっちりと掴む鈴羽。
少年マンガ的な展開に、胸が熱くなる感じですねw

何とか逃げのびた3人は、タイムマシンの故障が8月9日に起こったら雷雨が原因だと推測する。
岡部はタイムリープで過去に跳んで何とかならないかというが、48時間と言う制限があるため9日には届かない。
その時、まゆりとダルが現われ、パーティーをやるために戻ってきたという。
そんな場合ではない岡部達は、何とかまゆりを説得し帰しますが、電車が止まっていると言う話を聞き今回のタイムリミットが迫っていることに気付きます。

これは、世界を救う為などではない
まゆりを助ける為のミッションだ!!

ラボに戻った岡部達は、まずは5時間前に跳び、そこからさらに48時間前に跳んでタイムマシンを修理するプランを立てます。
※一人で行動している時は、岡部の厨二病的発言はなかったのですが、今回あたりから復活して来てますね。
しかも、徐々に状況にシンクロしていっているので、今後が楽しみですw

8/11 14:00
11日に戻った岡部はすぐにラボメン達を召集し、タイムマシンの下へと向かいます。
ダルに修理を頼む岡部は、2日の間に直せたら、何でも言うことを聞いてやると言う。
最初こと冗談めかしていたダルだが、岡部の何時になく真剣な様子に、やる気を見せる。
しかし、ラジカル少女オミットちゃんのセル画は、自嘲を言い渡された。。

ダルのタイムマシンの修理が開始され、紅莉栖はタイムリープマシンの開発に取り掛かる。
そんな中、まゆりから、鈴羽の父親探しが提案される。

修理を進めるダルは、タイムマシンの構造が、電話レンジと似ていると鈴羽に伝える。
ダルは、鈴羽に彼女の父親が2010年のアキバに自分達がいることを知っていたのかと聞く。
おそらくそうだと答えた鈴羽は、父親がSERNとは別にタイムマシンの研究をしていたこと。
それは、SERNによる未来を変えるためだということ。
彼女はその遺志を継ぎ、過去へと来たことを話す。
鈴羽は父親に会ったことは一度もなく、全ては遺書に書いてあったことだと告げる。
不用意に聞いてしまったことを謝り、元気付けようとするダルだが、父親を想って涙を浮かべる所を見てしまい言葉に詰まる。
※独特な口ぶりが特徴のダルですが、相当空気が読める男です。
話が脱線しそうな時など、軌道修正しているシーンとが結構ありますね。
今回も鈴羽に元気になってもらおうと(半ば本気で)セル画を頼もうとしますが、
鈴羽の様子が重すぎて今回は失敗でした。

岡部は鈴羽のピンバッチを、ネット上の画像検索で調べる。
地道に探す岡部に、仮にも未来ガジェット研究所という紅莉栖にそんな都合の良い物はないという。
紅莉栖は、未来ガジェット2号タケコプカメラーで上空から探すことを提案するが、
撮った映像が高速回転してしまうため却下。
そんな時、鈴羽がラボに戻り、ダイバージェンスメーターを岡部に渡す。
リーディング・シュタイナーを持った岡部が持つのが一番適切だと判断した為であった。
鈴羽は、岡部がレジスタンスの設立メンバーだと言うことを明かす。
岡部は、まゆりも助けられずそんな厨二病みたいなことをと吐き捨てるが、
鈴羽は、世界に自由を取り戻そうとする勇敢で立派な志と伝える。

8/12 14:20
ピンバッチを持ってアキバ中をまわる岡部と鈴羽。
しかし父親に関する有力な情報は得られない。
外国人の露天商にピンパッチを見せる岡部だが、すぐには思い出せない様子に思い出したらと連絡先を渡す。

父親とはやはり会えない運命なのだと諦めかける鈴羽に、まゆりのことも助けたいが、困っている仲間を助けたいと告げ、鈴羽の諦観した態度に怒る。

その時、人ごみの中でビラを配っているまゆりを見つけ、誘拐事件の犯人と言う内容に呆れる。
警察に目をつけられたらと注意する岡部だが、さっそく警官が近寄ってくるのと見て全力でその場を逃げ出す。

公園で一息つき、謝るまゆりに岡部は一言相談してからやってくれと言う。
その時紅莉栖が現われ、鈴羽の父親は誘拐犯かもと真剣な顔で告げ、3人に笑われる。

ダルに差し入れを持ってきた岡部達は、状況を聞き明日までには何とか直るという。
ダルを褒める鈴羽にセクハラをかます様子を見ていたまゆりは2人がお似合いだと言います。
岡部は何処がお似合いだと疑問に想いますが・・・

まゆりは、一人で過去に向かう鈴羽を心配し、2里乗りだったら一緒に行くのにと言います。

一息付き、食事を取る3人を見つめる岡部と鈴羽は、岡部達を出会えたことで孤独ではなかったことに感謝の言葉を送り、今のような自由な世界を取り戻してほしいと岡部に未来を託します。
その時、岡部の携帯に例の露天商から連絡が入り、鈴羽の父親の情報が入ったと言うことで、急いでそこに向かいます。

さて、一人で突っ走ってきた岡部でしたが、先週紅莉栖に協力を仰いでから、今週はみんなで事に当たったので、ようやく岡部もいつもの調子を取り戻してきた感じがします。
今回は、色々切迫している状況で、印象的なシーンでのセリフによる表現がほぼ直球でした。
なので、岡部を中心にしたラボメン達の絆がわかりやすく伝わってくる回でしたね。

~露天商の下に向かった岡部。

果たして鈴羽の父親とは!?


次回 不可逆のネクローシス


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Steins;Gate - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。