スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STEINS;GATE「シュタインズ・ゲート」 14話

まゆりを助ける為何度もタイムリープする岡部だが、
その度にまゆりの死を見せつけられる状況に、
精神が疲弊していく・・・!

これじゃまるで運命じゃないかっ・・!

”機関”も”シュタインズ・ゲート”も否定する岡部だが・・・

一方、いきなりタイムリープマシンを壊そうした岡部を心配する紅莉栖は、
直接事情を聞くことにする。

助手が紐解く、”まゆりの死”という現象についての推察

14話 形而下のネクローシス
-Physically Necrosis-



FBは、私の全て・・・!!
SERNからの逃亡に限界を感じていた岡部は、
今度はこちらから攻めるため、萌郁をタイムマシンについての嘘メールで呼び出す。

現われた萌郁の隙をついて銃を奪った岡部は、彼女がSERNのラウンダーという末端の構成員であること。
FBという人物の指示で動いていること。
彼らは、IBN5100を回収するのが主任務であることが分かる。
ラウンダーがラボを襲う理由は、
1、知ってはいけない事を知ったこと(SERNのタイムマシン実験)
2、タイムマシンを作り上げた
3、世間に公表しようとした
新たな事実を知った岡部だが、潜んでいた萌郁の仲間に気絶させられ拘束されてしまう。
気付いた岡部は、ラボの前だと気付き、時間帯からラボに投入する前だと分かる。
まゆりを助けてくれと涙ながらに懇願する岡部だが、萌郁達はラボに突入する。
見張りのラウンダーの隙を付き、何とかラボに戻った岡部は、またまゆりの死の見せつけられ、タイムリープする。
※まゆりの死を何度も見せられ、心の均衡を崩していく姿とは裏腹に
何度も繰り返される状況に慣れ、すばやく行動することに慣れてきている様が見て取れます。

限界に来ていた岡部は、タイムリープマシンを破壊しようとする。何とか思いとどまり、驚く紅莉栖とダルを置いて柳林神社に向かう。るかにまゆりのことを聞くが、何度も繰り返してきたやり取りに、これからの展開が容易に予測でき、そんな自分に嫌気がさし、るかに対して八つ当たりするようにわめき散らす。

紅莉栖・・・
UPX前の歩道橋で座り込んでいた岡部に、紅莉栖は話しかけてくる。
岡部がタイムリープしてきたことに気付いた紅莉栖は、これから何が起こるのか説明を求める。
岡部は自分の身勝手な行動がまゆりを死に追いやっていると涙する。

無茶しやがって、馬鹿
岡部の話を聞いた紅莉栖は、タイムリープの危険性を指摘し、まゆりの死に原因について、いくつか気づいた点があるが、時間がないため、ラボに戻ってタイムリープすることを提案する。
※鳳凰院凶真の真似事をし、岡部を元気付けようとする紅莉栖の優しさが垣間見えるシーンです。
差し出した手を重ねる岡部と紅莉栖のシーンは、出会った頃は握手もしなかった2人の関係の変化を表しているようです。
結構作画に力が入っていて、スタッフがこのシーンを印象深く見せたかったのがよく分かります。

ラボに戻った2人は、タイムリープの時間を5時間前のマシンが完成する直前にセット。
それより前だとマシンが作られない可能性があるという。
タイムリープしたら、マシン完成後、みんなを解散させ、紅莉栖を呼び出し先ほどの説明をして協力を仰げという。
簡単に信じるのか疑問に抱く岡部だが、紅莉栖の自信満々な態度にしぶしぶ納得する。
念のため紅莉栖は自分がほしいものは”マイフォーク”であるというキーワードを教え、岡部を笑顔で送り出す。
※紅莉栖は、感情が高ぶるとプルプル震える表現を使ってますね。
ゲームではこういう微妙な表現は中々難しいと思うので、アニメ独自の表現だと思いますが、この辺の紅莉栖の感情表現にやられた人も多いはずですw

8/13 13:59
マシン完成直前に戻ってきた岡部は、まゆりのコスが完成するのもこの時間だと気付き、確かにこの時間ならば、3人にパーティーをしないことが伝えられることに気付き、紅莉栖がこの時間帯の指定してきた意味を理解する。
完成直前にいきなりパーティーをしないことを宣言してしまったが、何とかそのまま解散する。

「さんぽ」で紅莉栖と合流した岡部は、5時間前から未来から来たと告げるが、彼女はまったく信用しない。
殴りたい気持ちを抑え、紅莉栖本人に教えてもらったマイフォークのことを言うと動揺しながら何とか信じてもらえる。

ラボに戻り、これまでのいきさつを説明。
紅莉栖は、ある物事が起きる結果には、必ずそれを引き起こす原因が存在すると説明。
まゆりの死は、直接的にはラウンダーだが、本当に原因は違う為、ラウンダーが関わらなくとも彼女は死んでしまうという。
紅莉栖にも本当の理由はわからないが、まゆりの誕生が死という結果を出しているのかもと言います。
”寿命”という運命論に納得できない岡部だが、紅莉栖もそれは支持せず、原因はこの事件の引き金として説明できる事柄と言い、それを聞いた岡部はタイムリープマシンがそれではないかと言う。
しかし、紅莉栖は短絡的に結論は出すなと言う。
そんな2人の前に鈴羽が現われ、この状況はマシンを壊したから解決するものではなく、
ダイバージェンス1%の壁を越え、
β世界線に辿り着かなければならないという・・・!


ラジ館内に移動した3人。
ダイバージェンス=世界線変動率とは、現在の世界線が何処にあるのか指し示す数値だと説明。
現在の世界線を指し示すニキシー管で作られたダイバージェンスメーターを2人に見せる。
0.337187
ニキシー管を使った装置をいい趣味をしていると褒める岡部だが、鈴羽はそれを作ったのは岡部だから当然だと言う。

鈴羽は上に階に侵入するためのロープで世界線を説明。
編まれたロープの1本1本が世界線でありそれぞれは不干渉でありながら、伝っていった結果は一緒になってしまうと言う。
つまり、今の世界線(群)にいる限り、全てがまゆりの死と言う結果に向かってしまう。

鈴羽は今いるα世界線からβ世界線移動することで、違う結果を出すことができると言う。

準備が終わった鈴羽は、2本用意したロープの1本を伝って、2人に上に上がれというが当然インドア派の岡部と紅莉栖は無理と主張、上に登った鈴羽に階段へのドアを開けてもらう。

αとβの世界線は大幅に結果が違う世界線であり、本来は移動不可能だが、世界に大きな事件が起きることで、移動できる年があると言う。
1、1991年:湾岸戦争
2、2000年:2000年問題
3、そして、タイムマシンが開発された2010年。

ラジ館、”人工衛星”が刺さった部屋に訪れた3人。
やっと見えた光明に興奮しながらどうやって移動するのか聞く岡部だが、HM:栗御飯とカメハメ波でもある紅莉栖は、ある可能性を持って彼女の正体を聞く。

鈴羽は、おもむろに”人工衛星”に近づき、ドアを開閉する。
これはタイムマシンであり、
彼女は2036年から来たタイムトラベラー”ジョン・タイター”だと告白する。

今回、鈴羽からもたらされたβ世界線へ至る為、岡部は紅莉栖と共に事態の打開を図ります。
同時に近くなっていく2人の関係が今後の肝になって行きますので、その辺を踏まえて見ていきたいですね。

次回 亡環上のネクローシス

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Steins;Gate - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。