ペルソナ4 25話

25話 We Can Change The World
人間誰しもが持つ(と思われる)厭世観を語る足立と、
真っ向から対峙する悠たち。
テレビの中の世界が現実世界と同化する中、
悠たちの出した答えとは??

ということで最終話ですw
悠は足立に罪を認めろと言い、現実と向き合えと告げます。
ゲーム中では、悠のセリフはないので、仲間たちが代弁するのですが、
やっぱり主役がしゃべると印象が違ってきますね。
”鳴上悠”というキャラクターが出来上がっていったと言う部分が、
アニメ版の真骨頂だと思います。

足立を倒した悠たちですが、
”監視者”である”アメノサギリ”が登場し、
強力な力で悠達をねじ伏せます。

いや~でかいですね。。
ゲーム版では画面にそこそこ入っている程度の大きさだったのですが、
小山ぐらいありそうな雰囲気ですね。
まさにラスボスといった感じなのですが・・・

足立との戦いの際に悠達の答えは出ているので、
ドラマ面より、王道のピンチからの真の力に覚醒する悠たちといった展開が楽しめました。
最終回に相応しい描写で仲間達のペルソナがランクアップし、
本来、ゲームの1周目では解禁されないはずの審判のペルソナ”ルシファー”が登場!
アメノサギリを倒すシーンは、メガテンもやった世代にとっては感涙ものでしたね。

悠の旅立ちのシーンに予想通り流れた「Never More」。
基本ゲームの流れに沿って展開されたアニメ版ですが、
取捨選択された部分がよかったおかげで、
ほぼ違和感なく見れたのが幸いでした。

さて、ラストシーンで”見晴らしの玉”をイゴールから入手した悠。
あいだのCMで10巻に収録される25話ディレクターズカット版で、
”真実”の物語が語られると言うことで、”黄泉比良坂”へと至るには後、
4ヶ月ぐらいかかりそうですね。。

とりあえず、10巻発売まで気長に待とうと思いますw
スポンサーサイト

テーマ:ペルソナ4 - ジャンル:アニメ・コミック

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR