レガリア 13話 光(ルクス)になって消えました。

受け継がれしもの・・・
闇の力を解放したアレクトに倒されたかに見えたオフルマズドだったが、巨体から人型の姿をした本当の機体が現れる。
更に強力さを増した攻撃に限界を超えた力で戦うアレクトは、ダメージと力の暴走で姿が保てなくなり、闇に飲み込まれてしまう。

精神世界に入ったユイとレナは、巨大な門の前に立っている「もう一人のレナ」の正体が、自分たちを迎えに来た存在”ルクス”だと知る。
かつてのレガリアたちも門を通ってその源に帰っていったことを感じたレナは、諦めてしまいそうになるが、ユイは、「みんなが自分たちの思い明日に託せるようになるために」もう一度戦うことを選ぶ。

ルクスの力を得た3機のレガリアは、融合を果たし、”ルクス・トリニティ”となり、オフルマズドと激闘を繰り広げる。
そして強力な力”トリニティ・ストライク”を放ち、オフルマズドを行動不能にする。

ヨハンを異界へと連れ帰る為、ユイたちのもとから去ろうとするルクスに、ユイは母から託された指輪を渡す。
ルクスは何千年も一人孤独の中を生きてきたヨハンにユイ達から託された指輪を渡し、ヨハンはユイの思いに触れ、自分を作ったものがユイのような人物だったらよかったのにと呟き、ルクスと共に異界へと去っていく。

全ては終わり、自分の国へと帰るユイたち。
ユイはみんなとこれからのことを考えるとレナに告げ、
物語は幕を閉じた。

大変だったよ・・・
いやホントにスタッフも大変だったかもしませんが、
この最終回見てどうやってまとめようか、
すごい迷って書けなくなってました。

さて、期間としてはほぼ2クール分、レガリアに触れてきましたが、言っては何ですが、そんなに大きくない会社がムチャぶりしても、いいことなんて一つもなかったみたいな一例を作ってしまったかなと思います。
内部のことは分かりませんが、たぶん最悪の気分で作っていたんだろうなというのが伝わってきてしまいました。

自分としては、受け継いだものを後から続く人たちに伝えていくというテーマ嫌いじゃないですが、では何を受け継いできたのか(指輪ではなく)というのを、言葉ではなく映像として見たかった。
例えば、ユイはレナを交えた家族がどんな日常を過ごしていたのか、笑ったり泣いたり怒ったり、生活の中であるはずですよね。
そのへんの平凡ですが、感情に訴えかけるような描写の積み重ねが足らなかったように思います。
というか、EDでさらっと流れていたレナが家族に加わってからの話は本編で絶対やるべきでした!
そのあたりの骨子が抜けていたせいか、この最終話で収束するはずだったものが、バラバラのピースのまま視聴者の前に出されて、自分たちは?みたいな感じになっていました。
本当はヨハンがどれだけ人を憎んでいるかも描かなければならなかったとおもいます。
最後はユイとヨハンのぶつかり合いですからね。

ここまで、レガリア見てきましたが、最近ホント”ロボットアニメどうなっちゃうんだろうね?”という不安があります。
このアニメはすごいんだよ!って感じで人に話せるロボアニメを見たいですね。





スポンサーサイト

レガリア 12話 もお、色々力尽きたか・・・。

囚われた人々の魂を救出せよ!
ヨハンに操られたノアが乗るレガリア・ギアに、
起死回生の一手を打つため、
メガエラが作った時間でティシスが強力な一撃を放つ!
支援レガリア・ギアを破壊したティシスとメガエラは、
再びヨハンの支配から抜け出したノアの情報から、
人々の魂を捕らえる”オービス”と呼ばれる物体を破壊することに成功する!
しかし、ティシスとメガエラの前にヨハンが操る巨大なレガリア・ギア”オフルマズド”が現れる・・・!

最終決戦・・・色々な意味で!
前回から続く戦闘シーンで、同じシーンでロボット5体動かすってホント大変なんだなと思いましたね。
本当はもっとここはこんな構図でみたいなことは思ってそうだけど、
納期が迫っていてムチャができない、結果しょぼい作画になってしまう。
ムチャぶり2ラインなんてできねんだよ!・・・ていうスタッフの声が聞こえてきそうです。。

脚本・・・叩かれてますね
話が薄っぺらいんだよ!と言われてるシナリオなんですが、
ざっとこの辺が変じゃないというところを考えてみました。

ユイとレナの出会い
本当はこの話をエンディングの一枚絵で出すのじゃなく、しっかり本編で描くべきだった。
姉妹の絆という面を押したいのなら、後々の展開でちゃんと生きてくるはずでした。

ユイの女皇としての成長
これは、とりあえず4話までを基本として、
一人で全てをしょい込まない、みんなを頼るという面を5話以降の話でもっと出していくべきだった。
ピンチな時にユイが指示したことで、結果いい状態になったという部分をもっと描くべきだった。
つまり、ユイの”女皇”という部分を描き切るべきだった。
この辺今回ラストのヨハンとの対峙に生きてくるはずです。

ヨハン
最初から黒幕臭がするキャラでしたが、
今回のユイとレナとの戦闘シーン(もしくはその時の掛け合い)で、
ヨハンは自分は王だと言っていたので、もしここを本当に描きたかったのなら、
自分は王様だ!って強調しているキャラクターをもっと研究するべきでした。
例えば、フェイトのギルガメッシュとか、その王としての矜持など、
自分のキャラクターに流用できるものはどんどん使った方が良かった。
ラスボスみたいな強力なキャラクターはなかなか作るのが難しいけど、
今は過去の作品はいっぱいあるので、
いいものはドンドン真似した方がいいです。(もちろん著作権は考えて)

設定はただの設定
これは本当に大事な設定だから絶対に入れたいんだ!
この設定だから話もこうじゃないといけないんだ!
・・・ていう間違いを自分もしてましたね。
で結果何書いてるのか自分でもわからなくなってました。
レガリアは、12年前と1万年前の不幸な出来事に、
”ルクス”と言われる「異界の力」が関わっているという設定です。
その設定において、キャラがどんな選択をするのかが重要で、
例えば、2つの出来事はルクスの力が原因と言う事実を知ったユイたちが、その不幸の原因に対して何とかしたい、ルクスの力を無くしたいというのも選択の1つですね。
決戦時にヨハンに対して「私たちはルクスの力なんて必要ない!」という強いセリフが言えたかもしれないですね。
・・・まあ、終わってないんでこれからいうかもしれないですが・・・

レナ
極論を言ってしまうと、1話の時点でレナがユイのもとから去るという展開から、彼女がユイの元へと戻って来る物語とかよかったんじゃないかなと思います。
そうすれば、現在2Pカラーと呼ばれている”もう一人のレナ”というキャラクタ―は、ピンチの時にユイのもとに登場しアレクトになって彼女を守護する・・・しかし、本体と切り離されているためそんなに力が使えないのでピンチになることもある。
・・・というキャラにできたかもしれないですね。今は本当のぼやっとしているキャラクターなので、「ユイを守る為に具現化されたレナの意志」みたいな存在の方が目的がはっきりしたキャラになったのかもしれません。
そして、ヨハン達の目的、レナを完全に覚醒させるために、ユイが必要なため彼女を攫おうとしてくるが、もう一人のレナがアレクトになり、戦闘になるという展開、さっと考えてみましたが、割と自然ではないかと思いますがどうでしょうか?
そうすると今回のAパートも「ユイ必要なくない?」みたいな流れではなく、
ノアのかわりに操られたレナとユイの戦いが見られたかもしれないですね。

キリがないのでやめておきますが、
ホントに想像以上に長くなってしまった。
さっと書くつもりだったのに・・・

さて、来週はついに最終回!
ユイたちの結末を見させていただきます!!

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

レガリア 11話 果たして”真の生贄”とは!?


レナの姿をした少女の力でルクスエクスマキナ内部に戻ってきたユイ達!

サラとティアはヨハンの人形となった姉ノアの乗るレガリア・ギアに苦戦するイングリットとケイを助けに入る。

一方、ユイはヨハンからレナが力を使い果たす寸前である事実を突きつけられるが・・・!


絶望したのは誰でしょう?

今回ユイにヨハンが絶望を与えようとしていましたが、

ホントに絶望してたのは、スタッフじゃないかと思いますよ。

円盤も大爆死しちゃったしね。


自転車女子のアニメがヤバいみたいだし、

昼飯の時に戦車女子アニメ大好きな後輩くんにこの話した時、

アクタス、ヤバイ感じなんで戦車女子アニメどうなっちゃうんだろうね?

という話を振ってみました。。。


無表情になりました。



一体何が悪かったのか?

色々考えられますが、一つは、13話だったことだと思いますよ。

なぜなら、後半になるにつれ、冗長だって意見が多くなってきてるんですよね。

今回は前半がすごい長く感じてる人が多いみたいです。

つまり、1話減らす形で話を作り直せば本当に見せたい部分にリソースが割けるし、

話の展開ももしかしたら引き締まったかもしれないですね。


正直に言います

今回ホント書くことなかったです。

いえ、あるにはあったのですが、(例えば、レガリアとは何か?とか)

全く文字が出てきませんでした。

頑張って無理やり言葉をひねり出している感じです。
レガリアのコアや契約者は生贄だという話が出ましたが、
ぼんやりと「この作品に関わった全ての人たちかな。。。」
と思ってしまいましたね・・・・・だれの責任なんだという話は置いといてね。

さて!
レガリアも残すところ2話!
とりあえずここまで来たら最後まで追っかけますよ!






テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

レガリア 10話 気付いたら・・・ボッチだったんです・・・!

静かに追いつめられていく・・・
復活したヨハンに連れ去られるレナたち!
一人意識を失って倒れたユイは、
自分のベットで目を覚ます!
訳も分からないまま、取り残されたユイは、
アオイに事情を聞こうとするが・・・彼女はレナのことを忘れてしまっていた!
徐々に自分やレナ達がいなかったような変わっていく世界にユイは孤立を深めていくが・・・

ああぁ・・・キツいなコレ・・・
主人公以外の記憶が改ざんされていくヤツ。
レガリアは、リアル世界で追い詰められていくパターンみたいですね。
ユイはメンタル強いって思われてるみたいですが、
実はあんまり強いわけじゃないんですよね。
母親から渡された指輪のくだりがあったということは、
レナのことを信じているからという理由の方がしっくりくるんですよね。
レナからユイは昔は泣き虫だったということを言ってますから、
そんなに変わってないはず、多分我慢してるだけです。
レツに自分のことを忘れられたシーンは我慢できなくなったのでしょうね。
まあ、普通おかしくなりそうですが・・・
ヨハンのもとから逃亡してきたサラティアと再会したことで、
なんとか、自分を保っている状態ですね・・・

ノア・クレイス
唐突に登場したサラティアの姉ですが、
ホント唐突ですよね。
せめてレツに姉の面影を重ねているとかいうシーンは伏線として貼っておくべきでしょう。
そうすれば、レツに結構なついているってのも納得いく感じになるのに、まあ今更ですが・・・
後、誰かサラティアが探していたのは姉じゃないかって言ってましたけど、違いますよ。
2000年前の時点でルクスに飲み込まれているってサラが言ってましたから、探していたのはケイとレナです。
でも彼女の存在は、もしかしてルクスの力で消された人も死んでないんじゃない?という希望を残していますね。

紅いレナ
目下一番謎の存在です。
アレクトかと思いましたが、ティシスとメガエラにもこのような存在がいてもおかしくないのにいない。
もしかしたら、”エリニウス”という三位一体の存在なのかもしれませんね。
さて、ラストシーンで実体を持って現れたということは、レナの体使ってるということでしょうね。
風の噂の新たな機体がホントにでるかも・・・!

ルクス・エクスマキナ
想像以上にでかかった・・・機械で作られたレガリア・ギアのオリジナルってところでしょうか?
ここからはただの予想ですが、レガリア=異界の力を呼び出す。
ですが、ルクスは逆にこの世界の人間を力として取り込んでしまうのではないでしょうか・・・

次回ぷりぷりプリズンでユイたちをさらに追い打ちか!
とりあえず、ふざけてみましたけど、確実にもう一波乱おきますよねこれ。。
ユイは体ボロボロだけど、心も結構ボロボロですぜ。。。
来週ラストあたりで一発逆転の流れになってほしいところですね。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

レガリア 9話 とある滅びた国のお姫様のお話

ほんのちょっと昔・・・
とある国のお姫様は、別の国の女皇様の即位式のスピーチをすっぽかしてしましました。
突然恐ろしくなり逃げ出してしまったのです。
お姫様はその国のとても美しい街並みが見える階段の途中で座り込み途方に暮れていました。

そこへ今日即位するはずだった女皇様が自分の娘と共に現れたのです。
女皇様は言いました。
「私がいなくなれば、式典は中止になるから、心配しなくても大丈夫」と。

お姫様はずっと疑問に思っていたことを思い切って聞いてみました。

「王様って何ですか?」

女皇様は答えました。
「いてもいなくてもいいもの」だと。

しかし女皇様は続けて言いました。
「なんとなくこの国が好きな人達のために目印になるような王様になりたい」

女皇様はまだ小さな自分の娘と戯れながら言いました。
「私やあなたがなれなくても、私の娘や私の思いを受け継いでくれる人たちがいるから大丈夫」

国に帰ったお姫様は、女皇様の思いを受け継ぎ、よき国を作ろうと頑張りました。

しかし、お姫様の国は少年の姿をした悪魔に滅ぼされてしまいました。

お姫様は一人残った側近と一番大切にしていたものを取り戻すため、
かつて自分に王としての在り方を解いてくれた女皇様の娘が、
新たな女皇となり、”資格”を手に入れるのを待ち続けました。

そして、お姫様は資格を手に入れた新たな女皇とともに、
少年の姿をした悪魔を倒したのです。

その後、お姫様は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新たな戦いへと巻き込まれていったのです・・・・!


いかがだったでしょうか?
今回のお話を昔話調にしてみたのですが、
別にこれをしたからといってどうということはないです。
実際文字に起こしてみて、確かに脚本ヤバイなとは感じました。
ただ、見せ方次第でどんな印象にもなりうる可能性があると自分は考えていますが、あなたはどうでしょうか?

さて、紆余曲折ありまくりなこの作品もクライマックス!
レナたちと引き離されたユイはどうなってしまうのか!?
そして、サラ・ティアの姉(?)ノアの話はちゃんと回収できるのか!?

ここまで見てきた方、
どんな終わり方をするのかちゃんとその目で確認しましょう!

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR