Fate/Zero 25話

そして、男は少年と出会い、
一つの物語が終わる。

令呪によってセイバーに聖杯を破壊させた切嗣だったが、
上空に”孔”が出現し、空間を伝って全てを焼き尽くす聖杯の”泥”が溢れ出し、
周辺を焼き尽くす大災害を巻き起こす。

一方、聖杯の泥の力により、奇跡的に復活を果たした言峰綺礼は、
同じく聖杯の力により受肉をはたしたアーチャー、ギルガメッシュにより、
助け出されていた。
聖職者の身にありながら、悪を好むわが身を蔑みながら、
喜びを隠せずに哄笑上げる。
「この世全ての悪(アンリマユ)」を誕生させると言う新たな目的を得た綺礼の前に、
生存者を探してさ迷い歩く切嗣が現われる。
抜け殻のようになったその姿に失望するが、自分を確認しながら無視する切嗣に屈辱を覚える。

焼け野原と化した地で、少年は男と出会い、助けられる。

セイバーは、カムランの丘で慟哭し、
凛は、父親を刺殺したアゾット剣を、綺礼から形見だと渡され涙を流し、
桜は、蟲蔵に飲まれていく雁夜の姿に諦観を覚える。

イリヤは、父親が助けに来たことも知らずに、
ユーブスタクハイトにより、裏切り者の父親に憎しみを募らせていく。

聖杯の泥の影響で廃人寸前まで衰えてしまった切嗣は、
大災害で救った少年士郎を養子にし、緩やかな死を迎えようとしていた。
今際の際に告げた「正義の味方」の夢を継ぐという士郎の言葉に、
安堵しながら息を引き取る。

そして、新たな物語が始まる。


はい、ということで、Fate/Zero最終話でした。
最後は色々尺が足らない部分が見えて、削っている感じが否めなかったですが、
原作の重要な所は、概ね表現できていたように感じました。
そういえば、Bパートで衛宮屋敷改修時に、
士郎の後ろに藤ねえ(ポニテVer)が登場していましたねw


さて、このまま原作再プレイしてもいいのですが・・・長いんですよね・・・
とりあえずやった気になったと言うことで。。。

Fate/Zeroの方は終了ですが、アニメ化といえば、プリズマ☆イリヤが控えているので、(スピンオフですが)まだまだ、Fateは終わらないって感じですね!
スポンサーサイト

テーマ:Fate/Zero - ジャンル:アニメ・コミック

Fate/Zero 24話

「魔術師殺し」VS「代行者」
冬木市民会館に辿り着いた切嗣は、待ち構えていた言峰綺礼と邂逅する。
”殺し屋”対”殺し屋”の互いの殺しの術を駆使した冷酷な戦いが始まる・・・!!

一方、バーサーカーの正体が「湖の騎士」サー・ランスロットだと気付いたセイバーは、
激しく動揺し、魔剣「無毀なる湖光(アロンダイト)」を抜いたランスロットの猛攻に追い詰められる!

果たして、極限の勝負の行方は・・!?

さて、唐突に始まった感のある戦闘シーンですが、やっぱり尺が足らなかったようですね。
OP削っても厳しい感じでしたが、最終決戦だけに見ごたえありますね。
特に今回の切嗣対綺礼戦は、殺し屋同士の戦いということもあり、
必殺の一撃を巡っての攻防は、力任せのサーヴァント戦とは赴きが異なる演出がされていたように感じました。

聖杯の中のモノ、「この世の全ての悪(アンリ・マユ)」を拒絶した切嗣!
次回、いよいよ最終回です。

テーマ:Fate/Zero - ジャンル:アニメ・コミック

Fate/Zero 23話

王達の戦い・・・!!
言峰綺礼、アーチャーの挑発により、最後の戦いに赴くセイバー、ライダー陣営。
まず戦端を切ったのは、ライダーとアーチャーだった。
最後の酒を酌み交わし、互いに最強の宝具をもって対峙する!

一方、いち早く冬木市民会館に辿り着いたセイバーは、
そこで待ち構えていたバーサーカーと戦闘に入る!
サブマシンガンという近代兵器さえ自らの宝具とするバーサーカーの猛攻をかいくぐり、
その兜に一太刀負わせたセイバーであったが、その下から出てきたバーサーカーの正体に激しく動揺する・・・!

さて、いよいよ最終決戦です。
まずはライダーVSアーチャー戦。
ライダーのアイオニオン・ヘタイロイを乖離剣エアの「天地乖離す開闢の星(エヌマエリシュ)」でもってなぎ払う所で、テンションが上がり、ラストのライダーの特攻から、ウェイバーの「あの人の臣下だ」で涙しました!
ライダー陣営の人気を象徴するかのような清清しい退場っぷりでしたね。

セイバーVSバーサーカー戦。
いきなりのV-MAX退場にちょっとショックを受けつつ、
サーヴァントにサブマシンガンを使わせる戦闘描写はかなりいいですね。
弾幕を張られて苦戦するセイバーが車を盾にしてバーサーカーに突っ込むシーンは、なかなか迫力ありました!
この戦いも来週で決着が着きそうです。

そして、次回はいよいよ衛宮切嗣VS言峰綺礼戦!
鬼畜同士の殺し合いですが・・・その戦闘の中、起こった出来事とは!?
”アレ”の登場でクライマックスが近いです・・・!

テーマ:Fate/Zero - ジャンル:アニメ・コミック

Fate/Zero 22話

優しさと冷酷さが同居する物語
セイバーとの戦いで、神威の車輪(ゴルディアス・ホイール)を失ったライダーたちは、
徒歩でマッケンジー夫妻宅へ帰宅する。
そこで待っていた、グレン・マッケンジーは、ウェイバーを家の屋根に誘い、
一緒に星を見ようと持ちかけてくる。
ウェイバーは、グレンと会話する中で、彼の暗示が解けていることに気付くが、
グレンから妻の為にももうしばらく芝居を続けてほしいと持ちかけられる。
命がけの戦いをしている為、約束はできないと言うウェイバーだが、
グレンから”命と秤にかけられるものなどない”と告げられる。

言峰綺礼が一連の出来事の糸を引いているという核心を得た切嗣は、
捜索の結果、聖杯に関わる4つの霊脈の内、
綺礼が柳洞寺に現われることを予測、待ち伏せをする。
舞弥の死に孤独を感じる切嗣の前にセイバーが現われ、
アイリを見失ったことを告げるが、切嗣は彼女が報告を終え、去るまで無関心を貫く。

キャスター陣営の元アジトへと隠れ潜む綺礼は、
目を覚ましたアイリに自分が聖杯戦争の勝利者になると宣言する。
アイリは、切嗣が綺礼を最悪の敵とみなしていると告げ、
綺礼は望む所だと言うも、アイリの綺礼が切嗣のことを理解していないと言う発言に激昂、
アイリから切嗣の願い”恒久的世界平和”を聞き、理解不能に陥る。
切嗣がいずれ切り捨てる相手でも愛さずにはいられないということを聞いた綺礼は、
彼と戦う意義を見い出し、用のなくなったアイリを殺害する。

真夜中に目を覚ましたウェイバーは、
ライダーとともに何者かが打ち上げた魔力による狼煙を確認する。
挑発だと断定したライダーは、愛馬”ブケファラス”を召還し、
ウェイバーを誘うが、彼は3つの令呪全てを使い、
ライダーに必ず聖杯を手に入れ世界を掴めと命令し、マスターの権利を放棄する。
ライダーは、本当に強いものだけの戦場に立つ資格はないというウェイバーを、
自分の朋友だといい、最後まで共に戦うことを促し、
狼煙が上がった地、第4の霊脈”冬木市民会館”へと向かう。

同じ頃、狼煙を確認した切嗣は、言峰綺礼の目的が自分との戦いだと確信し、件の地へと移動を開始、移動中のセイバーもその地を目指す。

アーチャーはライダーの迎撃に向かい、綺礼は宿敵”衛宮切嗣”を冬木市民会館にて待ち構える。


そして、死んだはずのアイリは、自分そっくりのホムンクルスたちと娘イリヤスフィールの幻を見る。
泥の中に取り込まれたアイリが見たものとは・・・!?

さて、Fate/Zeroもいよいよラストバトルです。
今回もFate/stay night縁の地が登場しました。
嬉しくもアリもうすぐ終わってしまうのだなという寂しさもありますね。
ライダー陣営、綺礼、切嗣と三視点から展開した今回の話は、
綺礼、切嗣の二つの視点になりそうな流れの中、ウェイバーの存在があることで、
物語的に暗くなりがちな話に変化をもたらしていると言う点で、かなり特異な展開の決戦前だと思いました。

次回は、アーチャーVSライダー!
戦闘演出にかなり期待したいところです!

テーマ:Fate/Zero - ジャンル:アニメ・コミック

Fate/Zero 21話

セイバーVSライダー・・・!

ライダーによる突然の襲撃に会い、
アイリは攫われ、舞弥は重傷をおい、駆けつけた切嗣の手の中で息を引き取る。

一方、ライダーを追うセイバーは、
"「神威の車輪(ゴルディアス・ホイール)」を駆り、ウェイバーを伴ったライダー"に、
「風王結界(インビジブル・エア)」で強化したVーMAXで追いつき対峙する。
しかし、そこにアイリがいないことに違和感を覚えるが・・・。

セイバーとは別のルートでアイリの行方を追う切嗣は 、間桐邸に忍び込み、雁夜の兄、鶴野(びゃくや)を尋問し、この一件の裏に言峰綺礼が関わっていることに気づく・・・!

さて、今回のメインは、雁夜なのですが、
戦闘面の演出で、セイバーとライダーのデッドヒートからの一騎打ちは、
かなりレベルの高い作画で、モータード・キュイラッシュも登場、エクスカリバーでゴルディアス・ホイールを焼き払う展開は、少年漫画的な感じがしました。
そんな中、暗躍する言峰綺礼のシナリオに踊らされた雁夜が、夫を殺されたと思った葵によって罵倒され、彼女の首を絞めるシーンは、まさに目を背けたくなるような展開でした。
もとは一つのシナリオを、見せ場を作ることで、かなり印象が違う映像で魅せてくれたので、1話で二度おいしい話になっていたように感じました。

次回は、ライダーが・・・必見です。

テーマ:Fate/Zero - ジャンル:アニメ・コミック

カテゴリ

アクセスカウンター

プロフィール

ヤガイリューヤ

Author:ヤガイリューヤ
頑張って生きてます!

検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR